オフィシャルブログ

今を切り拓く(田中健太)

2016.12.29

田中健
こんにちは。平素より大変お世話になっております。3年法学部法律学科の田中健太です。ブログ担当が待ち遠しく、1ヶ月前に完成させた、加瀬澤力主演「癖が強いと呼ばれた男」という作品を用意していましたが、今のタイミングではなさそうなので、この1年を通して感じた事を綴りたいと思います。

時が経つのは早いもので、自分は今最終学年を迎えようとしています。今年を振り返ってみると不甲斐ない悔しいシーズンでありました。個人として思ったように結果を残す事が出来ず、チームとしても満足のいく成績を残せませんでした。そんな中で新たに見えてきたものを自分なりに伝えたいと思います。

90分の試合の中でどんな相手であっても自チームの時間帯、相手チームの時間帯が存在すると言われています。たかだか90分という短い時間でさえ良い時、悪い時が存在するという事です。それが1年ともなれば尚更です。調子の良い時は自然と前を向く事が出来、ポジティブに思考が働きます。しかし調子の良くない時には、目の前の事に集中出来ず、先の未来を不安に思い込んでしまうものです。実際に自分もそのような時期があり苦しんだうちの1人です。ではどうしたらこのネガティブな状況を打破し前進できるのでしょうか。

良くない状況下で将来を心配したところで何も良い方向へは進みません。なぜなら今この一瞬一瞬と向き合えていないからです。今を100%努力出来ている者は自然とエネルギーを発し、充実感に満ち溢れていると思います。

今日一日、一瞬一瞬に全力を注ぐこと。これこそが悪い状況から抜け出す術であり、いつどこでどのように繋がるか分からない将来と今を繋げる唯一の方法だと信じています。今を切り拓く強さと信念を持ち、これからの1年を突き進みます。

今後共、応援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ