オフィシャルブログ

メッセージ(冨田純)

2016.11.10

冨田
平素より大変お世話になっております。ソッカー部主務を務めております冨田純です。

インカレ出場権を懸け、関東リーグは最終節まで大混戦が続いております。本塾は現在リーグ第8位につけており、インカレ出場には勝利以外、道は残されていません。 これ以上に無い厳しい状況に立たされていますが、目標に向け最後まで挑戦することが出来ることをとても幸せに感じています。これも日頃より応援して下さる、保護者、OB、関係者の皆様の支えがあったからこそです。
沢山の思いが詰まった下田グラウンドで、全身全霊を掛け闘いますので、大きなご声援を賜ります様宜しくお願い致します。

さて、これまで続いてきた4年生のブログも、自分を含めて残り2人となりました。
同期の想いを読んでいると、自分がみんなと過ごしたいろいろな記憶が少しずつ蘇ってきます。入学当初のことも、辛かったミーティングのことも、遠征も、合宿も、何気無い場面まで私の思い出になっています。

もう自分が書くブログは最後です。ブログを書く時はいつもその時々の思いを書いてきましたが、今回はソッカー部のみんなに伝えたいことを書きたいと思います。

1つ目は後輩へ。
みんなは今、最後のチャンスを迎えている。
早慶定期戦の後のブログにも書いた様に、みんなは学生時代の情熱のほとんどをサッカーに注いで来た人たちだと思う。なんだかよく分からないけどサッカーが辞められなくて、よく分からないけどサッカーが大好きで、このソッカー部で毎日ボールを追い掛けているのだろう。
そんなサッカーを使って本気になれる機会は、ほとんどの人はこれが最後になる。みんながサッカーで自分の夢を叶えるのは、今が最後のチャンスだ。今のままで良いのか。

大抵の人は今の自分のサッカーに満足がいっていないだろう。それが自分のことか、仲間のことか、コーチのことか、はたまたチームのことかは分からない。それは自分の中にこうなりたいという理想があるからだ。みんなはその理想を徹底的に追うべきだ。その理想に全員で向かおうと努力するべきだ。自分のサッカーで学んだ全てを懸けて。

ここで伝えたいことは、「自信を持て」ということだ。
最後のサッカー人生、遠慮しながらやったって何にも生まれない。そんなやつには大抵周りもついて来ない。これまで自分がやってきたことに自信を持とう。持っている夢を自分なら叶えることが出来ると本気で信じよう。みんなにはその情熱と力が必ずある。

目標に向けて仲間と何度も語り合おう。その目標を達成する為に、何度だってぶつかり合おう。信念をもって主張をして発言して、行動すれば、誰かに否定されたり、嫌われたりすることもあると思う。しかし、140人もいればそんなことはあって当たり前であって、嫌われることを怖がる必要は無い。きっと自分のことを嫌う人と同じくらい、好きになってくれる人がいるだろう。

もうこんなチャンスは2度とないのだから、全力で自信を持ってサッカーと向き合ってほしい。今からだってなんだって出来る。自信を持て。勇敢な一歩を踏み出せ。シーズン中何度も言って来たが、勝つ為の鍵は必ず自分の中にある。

それから、これまで4年生について来てくれて本当にありがとう。偉そうなことばかり言ってきたが、力を借りていたのは俺の方だったよ。
あと少し、みんなの力を貸してほしい。

2つ目は同期へ。
何人かの4年生ブログにも書いてあったが、同期の存在は自分がサッカーをする大きな理由のひとつだった。みんながいなかったら、今こんなにサッカーに本気にはなれなかったと思う。

サッカーを通して出来た仲間は一生ものだと、小学校の時のコーチがよく言っていた。その当時はよく意味は分かっていなかったが、今では「そんなこと当たり前だ」と言えるだろう。それだけ密度の濃い時間をみんなと共有して来た。

主務になる時、とにかく自分の夢を語った気がする。とにかく自分が信じたやり方で、みんなと挑戦したいと話した。たぶん、まだまだ未熟な考えで間違いも沢山あったと思う。そんな自分を信じて、みんなのサッカー人生をある意味自分に預けてくれたことを、本当に感謝している。

実際に最高学年になり主務を務めてきて、正直、自分が思い描いていたシーズンではなかった。上手くいかないことの方が間違いなく多かったと思う。しかし、上手くいかずに悩んでいる時は、必ず同じ様に悩んでいる同期がいた。上手くいったときには、一緒になって喜んでくれる同期がいつもいた。夢を持ってがむしゃらに走った時間は最高に幸せだった。
きっとこれからどんな結果が待っていても、俺はみんなを最高の同期だと胸を張って言うのだと思う。これからも、宜しく頼む。

2016シーズンに残された時間は最低であと1試合、最高でもあと1ヶ月。俺は1日でも長くみんなとサッカーがしたい。みんなでこれから勝ち続けて何度でも喜び合いたい。
最後に自分たちのことをもう一度強く信じよう。全国の大学が嫉妬するくらい、1試合1試合サッカーを楽しもう。
グランドに立つのは11人でも145人で闘うことが出来る、ソッカー部の力をこれから全員で見せてやろう。
img_0721img_0722img_0723

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《NEXT GAME》
11/12(土) 関東リーグ戦 最終節 vs桐蔭横浜大学
15:00@慶應義塾大学グラウンド

記事一覧

月別アーカイブ