オフィシャルブログ

今思うこと(豊川功治)

2016.10.22

豊川2

今回ブログを担当させていただく、総合政策学部4年豊川功治です。
前回のブログで大志がおちゃらけつつ書いていましたが、自分は真面目に書こうかと思います。後、一切俺の名前を入れてくれとは頼んでいません。
そんなことは置いといて、このブログで自分が4年間思ったこと、感じたことをただただ書こうと思います。

ソッカー部に入って、楽しいことも、苦しいことも、悔しいことも沢山の経験をしてきました。人よりも色んな意味で濃い時間を過ごしてきたんじゃないかと思っています。

その濃い時間を思い返してみて、一番に思うことは夢が叶わなかったことです。
人生で初めて夢が叶わなかった。これからもあまり出来る経験ではないと思います。
このソッカー部に自分はプロサッカー選手になって活躍するという、小さい頃からずっと思い描いていた夢を持って入部しました。4歳からサッカーを始めて、どんなに辛い時でもこの夢があるから、夢を叶えたいから頑張ってきました。大学では苦しく、悔しいことの連続でしたが、それも夢があったからこそ頑張れていたと思います。絶対に叶えてやる。試合で活躍するんだ。という思いがどんなにプライドをズタズタにされても、自分を信じてやれていたと思います。
しかし、3年の夏。練習を途中で帰り、Bチームに落とされました。もう夢は叶わないのではないか。この部に自分は適さないから辞めた方が良いのではないか。夢を叶える為に辞めた方が良いのではないかという選択肢さえ生まれたのです。
さらに、「夢が叶わないのが分かったら、自分はサッカーを頑張れるのだろうか」という思いで自分は不安になったことを覚えています。そのくらい自分にとって夢の存在は大きかったのです。
そんな不安を抱え、どん底に落ちた時頑張れたのは同期の支え、後輩の存在でした。
俺の失敗を温かく笑い飛ばして、側にいてくれるやつ。愚痴をこぼしながらも、めっちゃくちゃ頑張るやつ。同じ状況なのに、びくともせず努力をし続けるやつ。
そんな同期がいて、俺を慕ってくれる後輩がいて頑張ることが出来ました。というより頑張らないわけにはいきませんでした。だから、微かな夢の可能性を信じつつ、夢どうこうという問題ではなく頑張り続けられました。

今、自分は夢を叶えることは微かな可能性しかありません。むしろ、もう叶えることは出来ません。でも、今最高に楽しいし、サッカーをめちゃくちゃ頑張れる。どんなに苦しい状況でも戦い続けることが出来る。それは、最高の同期、弟の様な後輩がいるからだと思います。夢の存在をも上回ることが出来る仲間に出会えて、それを知ることが出来て本当に良かった。サッカー人生の集大成として、自分の出来ることを全てやり尽くす。必ずインカレ出場をみんなで摑み取ろう。引退するその日まで走り続けます。

《NEXT GAME》
10/23(日) 関東リーグ戦 第19節 vs法政大学
@川口市青木町公園総合運動場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ