オフィシャルブログ

仲間(藤田大志)

2016.10.22

水野

今回部員ブログを担当させていただく、理工学部4年の藤田大志です。
文系の人達とは比べ物にならない程勉強も頑張ってきた、文武両道を体現する、全部員の中で2人しかいない理系です。この場を借りて理工学部に通いながら体育会に所属することの凄さをお伝えしたいと思います。と言いたいところなのですが文系の人達から批判が来そうなので今回は止めておきます。
と、まあ冗談はこの辺にして早速ブログを書いていきたいと思います。久しぶりであり、最後のブログということもあり、何を書こうか迷いましたが、今までの自分のサッカー人生は仲間に恵まれてきたな、と実感しているので、同期のことについて書きたいと思います。(本当はあまり書きたくなかったのですが要望があったので仕方無く)

私には同期が25人います。ここでその25人全員について書くのは難しいので、その中から特に仲の良い3人をご紹介したいと思います。(※2・3人目は書いてくれと本人から言われました。)
1人目はフジ(藤川裕章・慶應義塾湘南藤沢高等部)です。大学1・2年と同じチームでプレーし、一緒にリハビリをした時間は一緒に試合に出た時間より間違いなく長いです。怪我をする辛さ、苦しさを分かち合える彼がいたからこそ今までサッカーを辞めずに続けることが出来ていると言っても過言ではありません。
2人目はこうじ(豊川功治・ジェフ千葉U-18)です。部室で同じロッカーを使っている相棒です。大学4年間で一番仲良くなったかもしれません。一緒にサッカーをする時間こそ少なかったですが、慶應らしくない彼と居ることで4年間自分の軸をぶらさずサッカーを続けることが出来ました。
3人目はしょーま(森下翔馬・大阪桐蔭高)と言いたいところですがこれ以上ダラダラ書くと長くなってしまうので割愛させていただききます。
あれ?俺の名前が出て来ないな、と思った方、嫌いではないので安心して下さい。
私は今、上に書いた人だけではなく、様々な人からモチベーションを貰ったり、様々な人に相談に乗ってもらったりしながらソッカー部生活を送ることが出来ました。

私がこのブログで後輩に伝えたかったことは、信頼出来る仲間を持つことの大切さです。そんなの当たり前だろと思っている方も居るかもしれませんが、実際、精神的に追い込まれたりすると普段は気付かない有り難さに気付きます。2・3年生は来年上級生となり、今まで以上に困難に直面し、仲間を頼る場面が出てくるでしょう。そんな時に頼れる仲間を1人でも多く作って欲しい。助けてくれる仲間を作って欲しいです。

最後になりましたが、リーグ戦も残すところ4試合、インカレに向けて負けられない戦いが続きます。試合に出る人、出ない人、一丸となって戦いますので、会場に足を運んでいただいた際にはご声援の程宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
10/23(日) 関東リーグ戦 第19節 vs法政大学
@川口市青木町公園総合運動場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ