オフィシャルブログ

好きなことと得意なこと(松本渓)

2016.10.14

松本
お世話になっております。法学部政治学科4年の松本渓です。日頃から多くの方々に様々な形でご支援いただき、何不自由無い環境でサッカーを追求出来ていることに日々感謝しております。また、引退間際のこの時期だからこそ、それがいかに幸せなことであるのかを実感しております。今日私が後輩の皆さんに伝えたいことは、好きなことと得意なことの区別を付けるということの重要性です。
私はサッカーが好きです。しかし得意ではありません。ここに帰結したのはごく最近です。この組織に入った選手の大半は、前所属チームの強い弱いに関わらず、自分のサッカーに強い自信を持っていた人でしょう。サッカーが好きで、それが自分の一番得意な事だと思っている人でしょう。しかし私の場合、幾多のミーティングを経て、リサーチ、副務、グラウンドマネージャー、学連幹事の候補に推される自分を客観視して見ると、プレーヤーではなく、それらの役職での方が自分の特徴を活かしてこのチームに貢献出来るのではないかと思うこともあり、プレーヤーとしての自信を失った時もありました。事実、そうなのでしょう。選ばれし11人以外の部員が彼らと同じモチベーションで戦う為には、サッカー以外の自分の得意分野を必死に探し、自分がプレーヤーとしてピッチに立った時に最高の環境だと思える環境を自ら整える努力をすることが重要だと思っています。それをすることが出来る様になれば、サッカー選手の前に、人間として成長出来ると確信しております。また、それはプレーでも同様なことが言えます。シーズン初めに須田監督が仰っていた「自分のonly one」とは、自分の好きなプレーのことではなく、他人から評価して自分が他より秀でている部分を指します。例えそこに納得がいっていなかったとしても、素直に受け止めてそこを磨くことが、上で活躍する原動力となるでしょう。スカウティング部門として関東リーグ全てのチームの様々な選手を見てきましたが、現在トップレベルで活躍している選手は必ずそのような武器を持っています。その為、特に現在下のチームにいる選手達は自分の位置をもう一度見つめ直し、ピッチ内外で自分が得意なことを見つける努力をして欲しいと思います。
肌寒い季節となりましたが、新たなチーム目標である「インカレ出場」に本気で向かう選手たちに変わらぬ声援をお願い致します。

《NEXT GAME》
10/15(土) 関東リーグ戦 第18節 vs明治大学
@江戸川区陸上競技場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ