オフィシャルブログ

変わることを恐れない(松井隆明)

2016.09.29

松井平素より大変お世話になっております。今回部員ブログを担当することになりました、経済学部2年の松井隆明と申します。

今回は私がソッカー部での生活を送る中で大切にしている言葉について書きたいと思います。その言葉は偶然の出会いから送っていただいた言葉です。
昨シーズンの5月に川口市青木町公園総合運動場で行われた関東リーグ第6節、本塾対明治大学の試合後のことです。電車で帰っていると、前にご高齢の方が立っていました。私はその方に席を譲り、しばらく電車に乗っているとその方の隣が空き、座らせていただきました。私が慶應の学生であることに気付いていたのか、座るとすぐに話しかけてきました。しばらくお話を聞いていると、その方が明治大学前監督の神川明彦さん(現グルージャ盛岡監督)のお父様であることがわかりました。その日の試合のお話や本塾、明治大学のお話など様々なお話をさせていただきました。当時、私は入部して約3ヶ月しか経っておらず、大学でサッカーをする意味を探していました。そこで神川さんにそのことをお聞きすると、「大学サッカーは様々な背景を持った人間、様々なカラーを持った大学に触れることが出来、自分の人間としての強みや弱みを理解することが出来る、ただその為には変わることを恐れず常に何かに挑戦し続けていかないといけない」ということをお話ししてくださいました。今でも鮮明に覚えていますが、本当に貴重な時間でした。
それから私は「変わることを恐れない」という言葉を大切にし、今までこのソッカー部で過ごしてきました。今シーズンリサーチを務めようと思ったのもこの言葉があっての決断でした。リサーチをやることで社会人スタッフの方々やトップチーム、多くの部員と関わる機会が増えたと共に、他大学についても知ることが出来、またそのような関わりを通じて自分に足りないもの、自分がチームに対して出来ることを発見することが出来ました。

現在2年生は、学年として大きく成長しなければならない時期にいます。私自身も新たなステージへと進む準備をしています。ミーティングをしたり、先輩方からお話をお聞きしたりすることで自分たちを見直し、チームのことを考える時間が圧倒的に増えました。上記に述べたように、私はこれまで「変わることを恐れない」ことを意識して考えてきましたが、自分の学年やチームを考えていく中で「変えてはいけない」ことを創ることの必要性に気付きました。自分や学年の強み、目標、自分たちの目指す像、それは様々あると思います。神川さんは本塾について、ピッチに出ている選手とスタンドで応援している選手に一体感があり、それはどの大学よりも見応えがあるとおっしゃっていました。あくまで去年の印象ですが、これはチームとして決して「変えてはいけない」ことだと思います。
「変わることを恐れない」姿勢から自分たちの強みや弱みを明確にし、そこから発見した強み、また弱みを改善した姿等といった「変えてはいけない」姿を創り出す、現在2年生はこの段階に来ているのではないかと思います。

今シーズンも残り半分、どのように時間を過ごしても私たちは半年後上級生になります。私たちが上級生になったとき、「変えてはいけない」ことをたくさん創り出し、どんな目標に対してもブレない学年になっていられるよう、残りのシーズンを大切に過ごし、精進していきたいと思います。
最後までご高覧いただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
10/2(日) 関東リーグ戦 第16節 vs駒澤大学
@千葉県総合スポーツセンター東総運動場 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ