オフィシャルブログ

「食」へのこだわり(藤本賢介)

2016.09.04

藤本こんにちは。今回のブログを担当させていただきます、経済学部3年の藤本賢介と申します。

あまり自覚していなかったのですが、同期の皆の言うところによると私はどうやらクセが強い人間らしいのです。
様々な局面でそのクセの強さが発揮されているそうなのですが、今回は直近に行われた鹿島遠征の食事中にも指摘を受けた「食」へのこだわりについて少しながら書かせていただきます。

私が「食」に関心を持つようになったのは高校生の時でした。中学生の時はあまり栄養にこだわることはありませんでした。夏は練習後にアイスを食べ、冬には毎練習後に友達とコンビニでカップラーメンや焼きそばを買って食べるなど、とにかく自分の好きなものや美味しいと思うものを口にしていました。食に対して全くこだわりのなかった私が高校に入りケガが重なっていた時期に、コンディションを良くする為スポーツ栄養学の本を手に取ったのが「食」に対して興味を抱いたきっかけです。

そこには主にバランスの良い食事を摂ることや、朝ご飯は何を食べて、試合前にはこういう栄養の摂り方をして、リカバリーの為にはこういう果物を食べようといったことが書かれていました。その全てを実践した訳ではありませんが、自分なりに考えた結果、「今自分が行っている食事は間違っているのではないか」と考えるようになりました。それからというもの、栄養の摂り方について自分なりに調べ、実践することを始めました。

今までの栄養の摂り方を見直し、その時々で自分の身体に必要だと思うものを摂ることでケガは減り、自分の身体のキレは「食」について考える以前よりも上がったように感じました。食事の見直しは短時間での効果が見えにくく、継続して行うことが大切だと思っています。そのため、学生が食事の見直しをする上でサポートしてくれる親の理解は欠かせません。例えば、夕食のメニューとして鶏肉のグリルが出される時は私の鶏肉だけモモ肉ではなく胸肉にしてもらうようにしています。そのような細かい注文に文句一つ言わず協力してくれる母にはいつも感謝しています。

普段何気なく口にするものは明日の自分を作っています。食事を意識し、それを継続することが何ヶ月後かの自分のコンディションを変えることに繋がると思っています。
9月11日(日)に関東大学サッカーリーグの後期が始まります。今後共ソッカー部の応援宜しくお願い致します。
拙い文章でしたが最後まで読んでいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
9/11(日) 関東リーグ戦 第12節 vs日本体育大学
@県立保土ヶ谷公園サッカー場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ