オフィシャルブログ

鹿島遠征~ここからが勝負所~(C1チーム)

2016.08.31

こんにちは。
異例のルートを辿っているブーメラン台風が接近する中、C1チームは現在茨城県の鹿島にてTRAUM CUP 2016 in SUMMERに参加しています。今回の遠征では、失点をゼロにすること、チームの為に走ることを課題に設定し、大会に臨みました。

それでは1日目、2日目の予選リーグの様子をお伝えします。遠征初日は、産業能率大学と対戦しました。

前半は幾つか危ないシーンを作られますが、守備陣が粘りを見せ無失点で終えます。しかし後半の立ち上がり、相手への対応が甘くなった隙を付かれ、先制点を許します。失点こそ許したものの、73分に平井(3年・慶應義塾NY学院)がPKを獲得し、自らこれを決めて同点に追い付くと、80分には長い距離を走ってパスを受けた眞中(1年・作陽高)のシュートのこぼれ球を藤本(3年・慶應義塾高)が決め、逆転に成功します。勝利に向けて残り10分を守り抜く為、体を張った守備を見せますが、89分ハーフライン付近からのFKのこぼれ球をダイレクトで沈められ、一度は掴みかけた勝利がするりとこぼれ落ちます。勝利という結果で終えることは出来ませんでしたが、先制されてから2点を取り返すことが出来たのは今後に繋がる成果だと思います。平井、眞中がハードワークを見せるなど、課題はあるものの随所に良いプレーを見ることが出来ました。

2日目は、拓殖大学、仙台大学と対戦しました。
初日を引き分けで終えたことで、予選リーグ突破の可能性を残している本塾は、引き続き失点ゼロを目指して試合に臨みました。しかし、結果的に拓殖大学戦では0-4、仙台大学戦では0-3と合計で7失点を許してしまい、グループリーグを好成績で突破することが出来ず、上位リーグに駒を進めることは出来ませんでした。
試合後、福士コーチからは、「戦術面の改善以前に、気持ちの面での改善が必要だ」との厳しい言葉もありましたが、選手達は気持ちを新たに明日からの下位リーグで全力を尽くす準備をしています。遠征初日から掲げている失点ゼロという目標と今日のミーティングで明らかになった課題を確実に克服出来るよう取り組みます。

関東リーグ後期開幕に向けても、またCチームの目標であるIリーグ全国大会出場の為にも、チームが上手くいかない時こそ成長のチャンスと捉え、目の前の課題を1つずつ克服していくことが必要です。この遠征を終えた時に、各々が個人としてもチームとしても成長したと感じることが出来る様に、残りの2日間を大切に過ごしたいと思います。

今後共、ご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

S__23961637

 

 

産業能率大学戦のスターティングメンバー

 

 

 

 

鹿島遠征2日目_7238

 

 

拓殖大学戦のスターティングメンバー

 

 

 

 

鹿島遠征2日目_1937

 

 

仙台大学戦のスターティングメンバー

 

 

 

 

S__12484682

 

 

ミーティングの様子

 

 

 

 

文責 津崎泰生

記事一覧

月別アーカイブ