オフィシャルブログ

このバトンを脈々と(慶應・神戸サッカー定期戦)

2016.08.21

こんばんは。パッとしない天気に頭を悩ませている人も少なくないのではないでしょうか。日吉の街では、昨日も午前中と夕方に雨が強く降り、天候がやや心配されましたが、今日、今年で66回目を数えた神戸大学との定期戦が行われました。途中少し曇ったものの、厳しい日差しが照り付ける中、天候にも恵まれた一日となりました。

昨年の神戸大での定期戦に私が行った時にも書いた記憶がありますが、この定期戦は早慶サッカー定期戦に次ぐ、伝統ある一戦です。早慶戦が今年で第67回目であったのに対し、慶神定期戦は今日で66回目。今日の懇親会で乾杯の音頭を取っていただいた弊部OBで元監督の小林忠生さん(昭和28年度卒)の挨拶によれば、昭和26年に三宮で行われた試合が第1回目の大会ということで、1回目を知る諸先輩方のお話はとても心に染みました。

それでは、今日の様子を写真を交えてお伝えします。13時半からのOB戦が今日の幕開けを告げました。15分ハーフで行われたこの試合は、前半に年配の方、後半に比較的若いOB同士(共にOBである両校監督も出場)が試合をしました。前半は0-1、後半は0-2と神戸大が慶應を圧倒しましたが、年齢を感じさせないプレーの数々は、現役時代のプレーを彷彿させました。

OBsenn慶應OB

 

 

 

 

 

 

 

 

その後14:15キックオフで始まった現役戦、本塾は4-4-2の布陣を敷きます。長短を使い分けたパス回しで比較的ボールを支配する時間が続き、流れの中で獲得したコーナーキックを望月(4年・静岡学園高)が頭で合わせ、先制に成功します。後半もフィニッシュまで持っていける形が多く、クロスバーを2階叩きますが追加点は奪えず。集中したディフェンスで相手をシャットアウトし、前期リーグ戦で1度しか達成出来なかった「ウノゼロ」(イタリア語で1-0の意味)で今大会も勝利を収めました。

現役慶應現役

 

 

 

 

 

 

 

試合終了後に行われた懇親会では、福井総監督(昭和45年度卒)、両校OB会会長(慶應は坂本正夫会長(昭和46年度卒)の挨拶の後、小林さんの乾杯があり歓談に移りました。歓談後は、両校監督(慶應は須田芳正監督(平成2年度卒))による挨拶があり、最後に両校の部歌を斉唱して(写真右)お開きとなりました。歓談を通じて、様々な神戸大の部員と交流し、親睦を深めました。毎年恒例の一発芸合戦は、今年もちゃんとありました。

 

 

坂本さん部歌

 

 

 

 

 

 

 

 

OBの方皆様が、経験されたそれぞれの慶應・神戸サッカー定期戦。僕も今年で3度目となりましたが、学年を重ねるごとにこの大会の意義を感じます。受け継がれた来たこのバトンを脈々と、次の世代に継承することが我々の責務です。後期の関東リーグ戦の日程も発表され、開幕まで残された時間はあと3週間。きちんと地盤を固めて、来年また強くなった姿を神戸大に見せられるよう精進します。ご参加された皆様、本日は最後までありがとうございました。

文責 駒野誠一

記事一覧

月別アーカイブ