オフィシャルブログ

夢(冨田純)

2016.07.13

冨田こんばんは。平素より大変お世話になっております。4年主務を務めております冨田純です。

7月6日に開催されました、第67回早慶サッカー定期戦に多大なるご協力を賜りましたOBの皆様、ご来場いただいた皆様、関わってくださったすべての皆様に心より御礼申し上げます。早稲田に勝ち、若き血を応援してくださる皆様と一緒に歌いたかったのですが、その願いは叶いませんでした。結果で皆様に恩返しをすることが出来ず、本当に悔しい気持ちでいっぱいです。

本大会、主幹事校主務として運営をしてきました。強く感じたのは大会に関わって下さる方の多さです。16時の開場から21時の閉会までのたったの5時間。そのために形は違えど、どれだけの人が準備をしてきたか、どれだけの方が協力してくださったか、どれだけの方に応援していただいたかということを考えると、この大会の素晴らしさを改めて感じます。このような大会を本年度も無事開催することが出来たことをとても幸せに思います。12,307人の大きな声援のもと、プレー、または運営をできた部員達は、間違いなく今までとは違うなにかを感じ、今後のソッカー部人生、そして今後の人生に生かしていってくれると思っています。

このブログでは今回の早慶サッカー定期戦、そして自分のサッカー人生の「夢」について書いていきたいと思います。私たちソッカー部において、小さい頃、夢がサッカーに関わることである人がほとんであったと思います。自分もサッカー選手を夢見るサッカー少年だった一人です。兄の影響で小学生からサッカーを始め、2002年のW杯、世界を相手に闘う日本代表選手達を見て、サッカー選手は私の夢になりました。日本代表の試合にみんなが釘付けになり、次の日の学校の話題はそれで持ち切りでした。そんな選手への憧れから、私は放課後毎日、公園でサッカーをしていました。小学生の自分はただサッカーをすることが大好きでがむしゃらにボールを追っていました。とにかくサッカーが大好きでした。それから中学、高校と幸運にも全国優勝という貴重な経験を2度もすることができました。全国優勝などそれから何年か前の自分からしたら想像もできなかったようなことが、いつの間にか目標となり、実現できた時なんとなく実感が湧かなかったのを覚えています。ただ、とにかく嬉しくて仲間と抱き合って泣きました。その中には現主将の宮地(4年・東京ヴェルディユース)とグランドマネージャーの川原(4年・桐蔭学園高)がいました。この経験は今でも私の誇りです。

小さい頃にサッカー選手になりたいと夢見たことで、私は多くの人と関わり、多くの経験をすることができました。夢に向かっているというような意識はその頃の私には到底ありませんでしたが、自分にとっての目標が次々とできていったのは夢があったからです。どこかで聞いたことのあるような言葉ですが、夢は自分を大きく成長させてくれました。
それなのにいつの間にか「サッカー選手」は私の夢ではなくなっていました。
それは「自分はなぜサッカーをしているのか」という疑問から考えられます。もちろんいつかまでかはその問いに対して迷わず「サッカー選手になりたいから」と答えたでしょう。しかし今改めてこの問いに答えるのはとても難しいものです。
大学生にもなって、社会にでる一歩手前、毎日なぜそんなに厳しい環境でサッカーをするのか。大学生ともなれば足もそれほど速くならない、背も高くならない。サッカーの能力にはなんとなく限界が見えてきてしまっているかもしれない。
大きく言えば自分がどういう人間かなんとなく分かってきて、自分の世間での立ち位置も見えてくる。大学生はそんな時期だと思います。しかし、ただプロになるための通り道として、ただ好きなサッカーで楽しく過ごす場所として、サッカーがあるのだとすれば、それは余りにももったいないと私は思います。
サッカーにはいろいろな面があり、プレーするだけがサッカーではないと思います。チームを指揮する人や運営をする人、そのチームを支援する人。会場をつくる人、広報活動をする人、そして試合を楽しみに応援に来る人、様々な人がサッカーに関わっています。そしてそこから多くのことを考えさせられます。自分と向き合うということ。努力をするということ。チーム、組織と共に考えるということ。感謝をするということ。諦めないということ。挙げ始めればきりがありませんが、サッカーは大切な多くの事柄を私たちに教えてくれています。サッカーに16年間関わってきて、サッカーの素晴らしさを深く感じることができました。きっとサッカーはこれからも自分の人生を素晴らしいものにしてくれると、心から信じています。
子どもの頃憧れだったサッカー選手という夢は形を変え、早慶サッカー定期戦で12,000人の大観衆のなか早稲田に勝利することが私にとってのひとつの夢になっていました。本大会の運営をする中で私は、チームの皆が必死になって運営をしてくれている姿を見ました。本気になって声を枯らし、負けた時一緒に泣いてくれる応援団の姿を見ました。全部員の期待を背負って、堂々と闘う仲間を見ました。

夢はまたも叶いませんでしたが、早慶サッカー定期戦は結果ではない何かを教えてくれました。もしかしたら、見に来てくれていたお客さんの中にこの舞台が夢になった少年がいるかもしれません。もしかしたら闘う選手たちの姿でだれかに勇気を与えることができたかもしれません。このような経験が出来たことへの感謝を忘れずに、来年以降の後輩のみんなに定期戦での勝利という夢を託したいと思います。
本年度の定期戦を終えて、自分たちはもう一度前を向き直さなければなりません。今後に控える天皇杯、後期の関東リーグ、その先にあるインカレとまだ私たちには夢を掴むチャンスがあります。本気になって闘う先に、また素晴らしいなにかが待っていると信じ、日々の練習に取り組んで行きます。

まだまだ未熟な私たちですが、これからも変わらぬ皆様の温かいご声援をどうぞよろしくお願いします。

imageimage

 

 

 

 

 

 

 

《NEXT GAME》
未定

記事一覧

月別アーカイブ