オフィシャルブログ

結果と言い訳(望月大知)

2016.06.21

望月2
こんにちは。本日のブログを担当させていただくことになりました、4年の望月大知です。
今回はこの場をお借りし、私がサッカーを通し学んだ「心」の在り方についてお話させていただきたいと思います。

”You can have results or excuses.”
結果と言い訳は両方得る事は出来ない。
これは現バルセロナ監督のルイスエンリケ氏の言葉です。

私はこれまでのサッカー人生を振り返ると高校時代の自分へ後悔があります。チームメイトとの関係が上手くいかず、サッカーを辞めようと考えたこと、プレーの調子が上がらず試合に出られなかったこと…その度に私は「あいつとは合わない」「自分としては努力している」とどこか自分自身に言い訳をして逃げていました。結果、高校時代は自らが納得のいく成果は挙げられませんでした。

そして迎えた大学サッカーも早いものであと半年で終わってしまいます。私は三年生まで先輩の背中を追いただがむしゃらにサッカーに打ち込んでいました。しかし四年生となりチームをまとめる役割や自分の現在地と目標の差に悩み身体が動かなくなりました。そんなとき、本塾の社会人スタッフの方に言われた言葉があります。

「心技体」は「心」の充実がなければ成り立たない。そして「心」の充実がないものは「技」と「体」は機能せず、新たに「頭」というものを生み出し、言い訳や他者を攻撃し出す。

この言葉を聞いたとき私は深く考えさせられました。人はどうしても言い訳や他者にベクトルを向けることで逃げ道を作ってしまいます。私も高校時代、そして大学でも「チームのことを考えなければいけないから」「不安だから」と弱い自分に勝つことが出来ず新たに「頭」という枠組みを生み出し言い訳をしてきました。残り少ない大学サッカー、後悔は残したくありません。高校、大学で経験したこの苦い経験を無駄にしない為にもあと半年、私が出来ることが何か。どうしたら勝つことが出来るか。頭で考える前に、心で感じ行動に移していきたいと思います。

今週末からアミノバイタルカップが始まります。夏の総理大臣杯に出場する為に一戦一戦全力で闘いたいと思います。結果と言い訳は相容れない。このことを胸に刻み日々精進していきますので、応援宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》

6/25(土) アミノ杯 1回戦 vs城西大学
@時之栖スポーツセンター 裾野E2グラウンド 12:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ