オフィシャルブログ

サッカーと音楽(鹿島祐平)

2016.05.19

鹿島こんにちは。日頃よりソッカー部を応援していただきありがとうございます。この度ブログを担当させていただく法学部政治学科2年の鹿島祐平です。入部して1年以上の時間があっと言う間に過ぎました。ソッカー部という恵まれた環境の中でサッカーが出来て感謝の気持ちで一杯です。今回のブログで僕はタイトルの示す通り、充実したサッカーの日々の中で触れる音楽について書いてみようと思います。
サッカーと音楽について語るにあたり、応援歌の話は欠かせません。僕が出身の高校では応援歌を歌うという習慣がなく、大学の試合を見に行った時にその応援の凄さに圧倒されました。100人以上の部員が全員で声を張り上げ、ピッチ上の選手に応援歌に乗せた声援を送る姿は心に響くものがありました。今年から応援部門が設立され、部門のメンバーを中心にさらに質の高い応援歌が関東リーグやIリーグの試合で響き渡ります。歌の種類は非常に豊富な上、どれも非常にキャッチーで気がつくと日常生活の中で口ずさんでいるお気に入りの曲を部員の多くが持ち合わせていると思います。
部員全員が歌う応援歌が轟くピッチに立つことを夢見て、選手達は昨日の自分より少しでもサッカーを上手くなろうと練習に励んでいます。練習や試合の前の気持ちを高める時間、ライバルを出し抜こうと1人で努力する自主練や筋力トレーニングの時間、より良い状態で明日を迎えるための体のケアの時間においても、音楽が大きな役割を果たしているという選手は多くいると思います。僕もそのうちの1人です。
僕は家からグラウンドまでが1時間以上と少し遠いですが、その時間は音楽を聴いて過ごしています。歌が自分の世界に入り集中し、気持ちを高める手伝いをしてくれている気がします。試合や練習の前の不安や邪念などの負の感情を取り払う手助けを音楽がしてくれて、最高の状態で次の日を迎えることができるよう、ストレッチやアイシングにかける時間も音楽がリラックスさせてくれます。
応援歌を筆頭に僕のソッカー部における生活には、音楽という一見サッカーとは関係なく見える要素が深く根付いていて、目標に向かって走り続ける大きな支えとなっています。
最後に僕が練習や試合の前に必ず聴くプレイリストの一部を紹介して終わりたいと思います。

どれも前向きになれる曲ばかりです。興味のある方は是非聴いてみてください。
拙い文章でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

S__27959314

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

《NEXT GAME》
5/21(土) 関東リーグ戦 第8節 vs国士舘大学
@味の素フィールド西が丘 11:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ