オフィシャルブログ

感動親父と息子の物語(加瀬澤力)

2016.04.29

加瀬澤2
こんにちは。新学期に入り、早くも一ヶ月が過ぎようとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか。今回ブログを担当します、総合政策学部4年の加瀬澤力です。今回私は、父親をテーマにしてブログを書きたいと思います。本題に入る前に伝えておきたいことがあります。私の父親は本当に怖いです。今皆さんが想像している3倍は怖いです。(今はとても温厚になりました。)家では父親が絶対です。その前提を伝えた上で、本題に入りたいと思います。

父の教育理念は、「やるならとことんやれ。なんでも一番になれ。」です。
私が5歳の時、兄が本格的にサッカーをやるようになり、父は兄と一緒に家の練習場(父が経営していた喫茶店を改築したもの)で練習をするようになりました。父が兄と一緒に練習しているのがなんだか楽しそうで、「僕もやりたい!サッカーで一番になりたい!」そう言って、私もその練習に加わる様にサッカーを始めました。楽しそうに見えた練習は、実際にやってみると本当に辛いものでした。毎日ノルマが終わるまで練習は終わりません。(リフティング2000回、ドリブル練習100本、シュート練習100本)私が手を抜かない様に父は隣で仕事をしながらずっと見ています。学校の友達が、放課後皆で遊んでいるのを横目に、家の練習場に帰る毎日。その全ては、私がサッカーで一番になるため。上記でも述べた様に父親に逆らうことは出来ません。「練習を休みたい、友達と遊びに行きたい」等の言葉は、口が裂けても言えません。しかし、父のスパルタ教育のお陰でどんどんサッカーが上手くなっていきました。県選抜に選ばれ、清水エスパルスジュニアユースにも入団出来、清水東ではキャプテンを務めることが出来ました。静岡ではかなり有名になれたと思います。
そして、大学に進学する為18年間過ごした家を離れることになりました。今までずっと一緒に練習してきた父の元を離れることに対して、初めは「やっと離れられる」という思いが強かったです。しかし、一人暮らしをしていく内に父の存在の大きさに気付かされました。それは、中々試合に出ることが出来なくなったり、思うようにプレー出来なくなったりと、静岡にいた時には味わうことが出来ない経験をするようになったからです。自分が良くない状態の時、真っ先に気付いてくれるのは父でした。父はそんな時決まって「お前は今怠けている。」と言ってくれていたのです。一人で生活していくということは、自分自身で「怠けている」ことに気付かないといけないのです。
今現在の自分がいるのは、父が常に私が進むべき道を示し続けてくれたからだと思います。これだけ愛情を「厳しさ」という形で注ぎ込んでくれる父親は、他にいないと思います。本当に感謝しています。少しでも多くピッチで走り回る姿を父に見せることが出来るように、日々精進していきたいと思います。

リフティング

 

 

 

リフティングノート①

 

 

 

リフティング2

 

 

 

リフティングノート②

 

 

 

S__10084355

 

 

 

自宅の練習場

 

 

 

今、本塾は1勝3敗と厳しい状況に立たされています。中々苦しい状況ですが、チーム一丸となって乗り越えられるよう日々精進していきます。応援の程宜しくお願いします。拙い文章ではありましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

《NEXT GAME》
4/30(土) 関東リーグ戦 第5節 vs専修大学
@三ツ沢公園陸上競技場 14:00キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ