オフィシャルブログ

怪我は友達みたいなもの(小川豊)

2016.03.31

小川
こんにちは。本日のブログはソッカー部3年の小川豊が担当させていただきます。

私は約1ヶ月前に慢性化していた足首の手術に踏み切りました。今回は、その入院期間にインターネットで見つけた言葉を紹介したいと思います。
「怪我は友達みたいなもの」
これはシャルケ04に所属している内田篤人選手が2014年の2月にハノーファー戦で負傷した試合後のインタビューでメディアに語った言葉です。
スポーツをやっている方であれば、一度は大なり小なり怪我をした事があると思います。その時に、何て自分は運が悪いんだ、とか、もうこの怪我は治らないかも、というようにマイナスに考えてしまう事があると思います。実際に私もそうでした。しかし、その考えを持っていてもいつまで経っても前へは進めません。怪我する以前の状態よりも成長してフィールドに戻ってくる人は、怪我と対等に向き合い、めげず、腐らず、ぼちぼちと自分と対話しながら乗り越えていくのだと思います。
現在私は術後のリハビリ期間であり、復帰までまだまだ時間はかかりますが以前よりも大きく成長した姿で復帰してチームの勝利に貢献したいと思っています。

今週末にはいよいよ関東リーグが開幕します。また1ヶ月後にはB,CチームのIリーグも開幕します。今シーズンも変わらぬご支援ご声援を宜しくお願い致します。

《NEXT GAME》
4/2(土) 関東リーグ戦 第1節 vs明治大学
@味の素フィールド西が丘 14:30キックオフ

記事一覧

月別アーカイブ