オフィシャルブログ

勝ちたい気持ち(C2チーム)

2016.03.18

こんにちは。
昨日でC2チームの御殿場遠征が終了しました。試合の詳細は、試合速報ブログにてお伝えしておりますので、ご覧ください。
前回のオフィシャルブログで遠征初日・2日目で行われた、グループリーグでは最下位となり下位リーグに進むことになったとお伝えしました。その後の順位決定トーナメント3日目・最終日の結果ですが、2勝1敗の成績で、今シーズンC2チーム始動後初となる勝利を収めることが出来ました。

3日目午前、もう負けられないと臨んだ環太平洋大学戦。グラマネから指摘された点や前日までのミーティングで挙がった反省を元に修正されたプレーを目指しますが、現実は中々上手くはいきません。一瞬の隙からあっさりと点を決められてしまします。そのまま反撃することも出来ず、0-1で敗れてしまいました。
この試合の後、次の試合までの空き時間は選手だけで自主的に集まり、ボードを囲んで反省や戦術の共有をしっかりと行いました。

続く午後の玉川大学戦。試合開始直後の3分にこれまでの悪い流れを断ち切るように、新入生のドリブル突破からのシュートで待望の先制点を得ます。次第に反省の成果も現れ、何度も危ないシーンはありましたがGK藤川誠(2年)の奮闘や相手のミスを誘発して本塾は難を逃れます。そして先制点を守り切り、この試合待ちに待った遠征初勝利を掴み取ることが出来ました。この勝利は今シーズンのC2チーム始動後初の勝利となり、チームにとって大きな意味を持つ一戦となりました。

そして迎えた最終日13位決定戦の相手は尚美学園大学。最後の力を全て出し切り絶対に勝利して下田に帰ろうと臨みました。しかし前半は、昨日までの悪い流れを引きずってしまい、中々シュートまでボールが繋がらない時間帯が続きます。そんな中27分、31分と連続して相手に得点を許してしまいます。悪い雰囲気のまま前半を終えますが、本塾はハーフタイムに6人を交代し、総力戦で後半を迎えます。すると、その采配が見事的中、前半とは打って変わった動きを見せ、前線の選手を中心に多くのチャンスを作り出します。そして前半の2点ビハインドを跳ね除けるように本塾は後半残り15分で3点を重ね、見事劇的な逆転勝利をすることが出来ました。
玉川大学IMG_2969

 

 

 

 

 

 

 

(写真左:順位決定トーナメント 玉川大学戦イレブン写真、写真右:順位決定トーナメント 尚美学園大学戦イレブン写真)

最終日の試合後には「こんなにいい気分で勝てたのは初めて」というような声も聴くことが出来ました。試合内容に関してはまだまだ課題は多いとは思いますが、この遠征を締め括るのに相応しいすがすがしさの残る戦いになりました。試合後の遠征最後の集合でグラマネから、後半は試合に出ている皆が2点のビハインドを負っていることにしっかりと危機感を持ち、諦めず勝利への貪欲な気持ちを共通して持てていたからこそ、その思いがプレーに現れたのだという話がありました。
円陣

 

 

 

 

 

 

 

この試合後の達成感を忘れず、遠征中に感じた自分の反省点や課題を下田に持ち帰り、しっかりと自分自身と向き合って、また練習に励んで欲しいと思いました。少しでも上のレベルでの戦いを目指し、自分のストロングポイントや基本的な部分を確認して目前に迫った4月からのインシーズンまで過ごすことが大切だと思いました。
2年

 

 

 

 

 

 

 

(写真:きれいな富士山と遠征中の仕事をやり切った新2年のメンバー)

そしてこのC2チームから、ソッカー部全体をボトムアップしていきたいと思います。
今後共、ソッカー部にご声援の程、宜しくお願い致します。

文責:高松由佳子

記事一覧

月別アーカイブ