オフィシャルブログ

神戸遠征3位入賞!(C1チーム)

2016.03.11

こんにちは!まだまだ寒い日も続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。本日、C1チームは4日間の神戸遠征を終えました。
ソッカー部はBグループに属し、IPU環太平洋大学・関西学院大学・芦屋大学と予選リーグを戦いました。

初戦のIPU環太平洋大学戦と2戦目の関西学院大学戦はゴールを脅かされるシーンが見られるも、無失点に抑え、2連勝を飾ります。
予選リーグ最終戦である芦屋大学戦は降りしきる雨の中行われました。このまま3連勝しBグループ1位で予選を突破すべく意気込んで臨んだ試合でしたが、ゴールを奪えないまま守備の隙を付かれ、2失点して敗れてしまいます。C1チームは予選リーグを2勝1敗のBグループ2位で折り返し、幸いにも勝ち点により上位トーナメントに駒を進めることが出来ました。

3日目、4日目には大会に参加した20校の内の上位8校により上位トーナメント戦が行われました。準々決勝の関西国際大学戦では拮抗した試合が展開されるも、後半20分にセットプレーから鈴木将太(新2年)がゴールに押し込み、待望の先制点を挙げます。これがそのまま決勝点となり、接戦を制した本塾は準決勝へと駒を進めます。
準決勝は昨年の神戸遠征の決勝戦の相手である甲南大学と行われました。GK藤川誠人(新2年)が数々の好セーブを見せましたが、甲南大学の猛攻によって前半13分に先制を許してしまいます。負けたら終わりのトーナメント戦で本塾も意地を見せ、前半34分にPKで追いつくも、後半14分に勝ち越しゴールを奪われてしまいます。最後まで諦めず走り続けましたが、1点を奪うことが出来ず、惜しくも1-2で敗退してしまいました。

決勝戦に駒を進められなかった悔しさが残る結果となってしまいましたが、試合後のミーティングで選手全員が気持ちを切り替え、3位決定戦を迎えました。対するは予選リーグで敗戦を喫した芦屋大学。「同じ相手に2度負けることは許されない」という福士コーチの言葉を胸に、選手全員が全力で勝利を掴みにいきました。前半開始直後に先制点を奪われるも、新入生の活躍や竹内浩貴(新2年)の2得点もあり、本塾は5得点を上げ、5−2で勝利し見事3位入賞を果たしました。また、その後表彰式も行われ、素敵な賞品もいただきました!
試合の詳細は、試合速報ブログをご覧下さい。

IMG_1969

 

 

 

 

3位決定戦のスターティングイレブン

 

 

 

今回の遠征は失点を少なくすることを目標に戦って参りました。勝利した試合のほとんどは無失点で抑えることが出来ましたが、守備のわずかな綻びから失点し敗戦してしまうこともあり、課題の見つかった遠征となりました。優勝することが出来なかったのは残念ですが、Cチームの目標であるIリーグ全国大会出場を見据えた上で、各々に実りある遠征にすることが出来たと思います。

また、4日間のサッカー漬けの毎日の中で、選手たちが意見を交わし合い、本気でサッカーに向き合う姿を見て、私もマネージャーとしてチームの成長を実感することが出来ました。

 

IMG_1976

 

 

 

 

 

C1チームで集合写真を撮っていただきました!

 

 

 

IMG_1937

 

 

 

 

夜に行われたミーティングの様子

 

 

 

IMG_0549

 

 

 

 

甲南大学戦のハーフタイムの様子

 

 

 

 

 

IMG_1959

 

 

 

 

 

チームを支えたCチームキャプテンの藤川裕章(新4年)

 

 

 

 

今後共、ソッカー部へのご声援を宜しくお願い致します。

文責 高橋美沙子

記事一覧

月別アーカイブ