オフィシャルブログ

グラマネとして部員に伝えたいこと(川原一哉)

2016.01.27

川原

大変お世話になっております。昨年からグラウンドマネージャーを務めております、総合政策学部新4年の川原一哉と申します。
2016シーズンがいよいよ間近に迫り、あらゆる感情がこみ上げてくるのと同時に、引き締まる気持ちでいっぱいです。

さて、今回のブログでお話しようと思うことは、グラウンドマネージャーとして昨年1年間で多く感じた、部員の皆に伝えたい考えです。どこまで皆の心に響くかは分かりませんが、部を強くしたいという想いで書くことにします。

私は、グラウンドマネージャーになってから多くの相談を受けました。その多くが「どうしたら試合に出れるか、活躍出来るか」という内容でした。サッカー部なので当たり前の内容かもしれませんが、本当にこの質問がほとんどでした。この質問を受けて思うのは、彼は今の自分に自信が無いのか、または、評価基準や評価に対して何か思うことがあるのか、等です。決してその選手を駄目だと思っている訳ではなく、そう思うのです。そう感じるのです。そして、その質問の答えは一貫して決まっていました。「自分が誰にも負けないと思える強さをチームに発揮しろ」ということです。自信をもってこの言葉を選手に投げかけることが出来るようになったのは、自身のグラウンドマネージャーでの経験からでした。
就任してすぐの頃、私は偉大な先輩方や社会人スタッフの皆様のように活躍したいと思っていました。どうしたらサッカーをあんなに上手く教えられるか、どうしたらプロを目指す選手から信頼されるか、考え続けていました。その時は、活躍している先輩や社会人の方々の姿やその結果ばかりが目に入ってしまい、単純にそれを真似たりと、がむしゃらに努力していました。その結果、自分らしくないことばかりに意識がいき、自信がなく、やらされているような日々が少しの間続きました。自らやりたくて、皆に支えられ、任されているコーチという仕事が、何故か楽しくなく、私は疲れていました。それは非常に残念なことです。しかし、ある時自分のやりたいことは何なのか、どのようになりたいのか、そして、このチームに自分は何が出来るのかを純粋に考えることが出来るようになりました。自分と言う人間は何故サッカーをしているのか、ソッカー部に入ったのか、グラウンドマネージャーをしているのか、それを純粋に考え、納得した時、恐れを忘れ、全身全霊でグラウンドマネージャーという役職を楽しみ、結果を出せるのだと思うことが出来ました。
部員の皆は、分かっている、当たり前のことだ、と思うかもしれません。しかし、逆境や境地に立った時、本当に自分にしかない強みや感情を理解しているか否かが勝負の分かれ目になると私は思うのです。もう一度自分の心に問いただしてそれを見つめてほしいです。関東リーグの舞台で活躍する選手は皆、誰にも負けない圧倒的な何かを持っています。必ずその何かはピッチで一番になります。自分の強みに自信を持って戦っています。だからこそ、自分にしかない強みを信じて、それを伸ばして欲しいです。もちろん改善しなくてはいけないこともあるし、それを直すことも疎かにしてはいけないと思います。しかし、それ以上に自分にしか無い強みは武器になるのです。
慶應ソッカー部には、本当に優秀な人材が溢れていると感じます。コーチとして、サッカーも勉強も人間性も部員から学ばされることばかりです。感謝しています。だからこそ、心から上記のことを信じて頑張ってほしいです。その先には、ソッカー部の勝利があると確信しています。

2016シーズン、今までよりも結果が求められると思います。偉大な先輩方が築いてくれたこの流れを、必ず掴みます。全力で全てを出し切り、圧倒します。
今後共、ご声援のほど宜しくお願い申し上げます。

記事一覧

月別アーカイブ