オフィシャルブログ

一日一死(藤川誠人)

2015.12.29

藤川こんにちは。
この度ブログを書かせていただく事になりました、総合政策学部1年の藤川誠人です。
ブログを書かせていただく事は初めてですが、ブログを通して沢山の方々に私の想いや考えてきた事をお伝えできる事に感謝しています。ありがとうございます。

今年も残りわずかとなりました。
そこで、私が今年信条としてきた言葉は「一日一死」です。
この言葉には、「明日があるから今日はやらない。」のではなく、「その時、その瞬間、今を生きる今日を全力で生きる。」という意味があります。
私にとって、生きる事とは1日の終わりに幸せを感じる事が出来る程の努力をする事だと思っています。

私は入学する前も、入学してからも、必ずピッチに立って慶應の為に全力を尽くしたい。このように考えてきました。
ですが、今シーズンを振り返ってみると、トップチームが出る公式戦には全てスタンドにいました。
その時でも、常に「一日一死」、チームの為にも一日を無駄にしないように、率先して声を枯らして応援し続けました。
結果を見ると素晴らしい結果ではありますが、満足のいく結果ではありませんでした。それは、チームとしても個人としてもです。
そんな私が今思うこと、それは個人としてスタンドにいた悔しさ、チームとして満足のいく結果を残す事のできなかった悔しさをピッチで表現するんだ、ということです。
この気持ちを実際来シーズン体現できるように、残りわずかの今年ももちろんですが、来年も精進していきたいと思っています。
来シーズンは、個人としてもチームとしても満足のいくような結果を残せる為に全力を尽くします。
また、どんな時でも慶應の為に全力を尽くします。

来シーズンも私なりに本気で熱く頑張っていきますので、ソッカー部へご声援の程、宜しくお願い致します。

藤川

記事一覧

月別アーカイブ