オフィシャルブログ

みんなの喜ぶ顔が見たい(久保飛翔)

2015.12.09

久保こんにちは。最高の主務からバトンを引き継ぎました、環境情報学部4年、主将の久保飛翔と申します。

今年の春、ファジアーノ岡山への入団を決意する際に、自分の中である1つの疑問について、多くの時間を費やし、考えました。
「何の為に、これまでサッカーに取り組んできて、何の為に今後もサッカーを続けていこうと思うのか」というものです。

ただ単にサッカーが大好きだから。幼い頃に思い描いたプロになりたいという夢の実現の為。考えれば考える程、様々な答えが出てきたのですが、どの答えも自分の中で納得できるような答えにはなりませんでした。
そんな中、自分がサッカーをプレーしていて嬉しいときは、どのようなときか考えるようになりました。試合に勝利したときの充実感。点を取ったときの興奮。自分の力が試合で通用したときの達成感。嬉しいと思う瞬間は、数多くあります。
その中でも、私が最もサッカーをプレイしていて嬉しいと思う瞬間。それは、 「私のサッカーを応援し、活躍を期待してくれている方の笑顔が見られたとき」です。その瞬間が見たいからこそ、今までどんなに辛い練習にも取り組んでくることが出来、今後もサッカー選手としての人生を送っていきたいと思うのだと気付くことが出来ました。

苦楽を分かち合い、チームの目標のために必死に努力し続けるソッカー部のみんな、サッカー選手としての成長の為、毎日熱心に指導を行ってくれる社会人スタッフの方々、多大なるご支援をしていただいているOBの皆様など、私を応援し、期待し、支えてくれている多くの方々の喜ぶ顔を私は見たいです。
その中でも特に、両親には感謝してもしきれません。幼い頃から、私がサッカーに真剣に取り組む為にサポートをしてくれ、試合には必ず駆け付け応援してくれました。大学入学後も、愛媛県から12時間近い時間をかけ、車で試合会場まで駆け付けてくれるときもありました。
私がサッカーをプレイするために本当に多くの方が私を支えてくれています。感謝してもしきれません。 そのような方たちの為にも、私は明日、初戦を迎えるインカレに、今までのサッカー人生で培ってきた自分の力の全てをぶつけたいと思います。どんな逆境に立たされても声を出し続け、最後まで諦めず泥臭く戦い、試合終了の笛が鳴るまで必死に勝利を追い求めたいと思います。

私は、日本一を勝ち取りみんなの喜ぶ顔が見たいです。それを原動力に死ぬ気で戦います。

慶應サッカーに関わる全ての人が一丸となり、必ず日本一になりましょう!!

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs大阪体育大学 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ