オフィシャルブログ

大好きな人(山田融)

2015.12.03

山田我らが誇るレフティモンスター山鹿渉平よりバトンを受け継ぎました、総合政策学部4年、副将の山田融です。

インカレ決勝まで残り15日間の今、私の好きな人への想いを伝えたいと思います。
1番大好きな人、それは同期のみんなです。その中で優劣を付けることは出来ません。その中で今回は少し恥ずかしいですが、端山豪と吉岡康季について記したいと思います。
端山とは小学校6年生からの知り合いで、その時は大学で一緒にサッカーをやるとは思いませんでした。話がつまらなかったり、年を追うごとに老けていく彼を嫌いになりそうな時は何度もありましたが、今では4年間を共に乗り越えた戦友です。彼には多くの刺激をもらい、共に成長出来たと思っています。そしてサッカー選手としてだけではなく、一人の友人としてもお世話になりました。そんな彼とプレーすることも残り数試合。泣き虫な彼を日本一という結果で男泣きさせることが今の僕の最大の目標です。

 

S_3549216464092

 

 

 

 

 

 

 

 

また吉岡とは実家が近く、多くの時間を共にしてきました。2年時のミーティングでの行き帰りの車で色々な話をし、今まで知ることの出来なかった彼の本心を知り、彼を大好きになりました。AチームとCチームという関係性の中、いつも応援してくれて、そして試合後には彼が得意とするごますりで褒めてくれて、とても励みになりました。彼の人間性がシーズン中に苦しかった時の支えになっていたことに私は最近気付きました。
ここでは2人のことをあげましたが、同期22人は最高の仲間です。苦楽を共にしてきた彼らと絶対に日本一になります。どんな逆境に陥っても最後に力になるのは、みんなの存在です。今まで支えてきてもらった分、日本一という最高の恩返しが出来るように頑張ります。
Image_1bc16af

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、後輩のみんなにも一言伝えたいことがあります。今、チームに対しての不満、規則に対しての不満、個人の評価に対する不満はあると思います。でも、そのチームを作っているのも規則を作っているのも、評価しているのも仲間であり、これからは自分の信頼している同期が作っていくものです。感謝の気持ちを持てば必ず言動は変わります。まずは感謝の気持ちを持って、ただ表面的なものだけを見ずに、奥にどんな思いがあるのかを汲み取ってみればより素晴らしいものが見えてくるはずです。
色々言ってきましたが、「日本一をとる。」これを締めの言葉とさせていただきます。
次回のブログ担当は主務の織井です。試合後の彼の演説にはいつも圧倒されますが、次回はどんなブログを書いてくれるのでしょうか。

≪NEXT GAME≫
第64回全日本大学サッカー選手権大会
12月10日(木) vs(大阪体育大学vsIPU・環太平洋大学)の勝者 13:30kickoff @江戸川区陸上競技場

記事一覧

月別アーカイブ