オフィシャルブログ

積み重ねてきたもの(小田悠太朗)

2015.11.02

小田怪我をしているはずなのに昨日の応援で思いっ切り飛び跳ねていた山口真太朗からバトンを受け継ぎました、経済学部4年グラウンドマネージャーの小田です。今回は私が4年間大学サッカーに打ち込んできた中で感じたことを綴らせていただきたいと思います。

私たち4年生にとって最後のリーグ戦も終盤に差し掛かる中、今現在私は最後のサッカー人生をトップチームのグラウンドマネージャーとしてチームに関わらさせてもらっています。今思うとこんな私がこのような素晴らしいポジションで大学サッカーを終えるとは全く思ってもいませんでした。特に1、2年生の時の私を知っている人はきっと同じことを思うはずです。

入部当初、めっちゃくちゃ下手くそながら熱意だけは持っていた私ですが、もちろんそれだけでは上手くいかず、最初の1年間は何度も心が折れ、それでも立ち上がっての繰り返しでした。自分にとっては本当に苛酷な日々で、本気で退部することも考えていました。
しかし、それは単なる努力不足だと気付いた私は2年からリサーチの役職につき、チームへ貢献しながら今まで以上にサッカーに集中する日々を送りました。現在主務の織井、リサーチの長である米井と多くの時間をサッカーに費やしましたが、それでも同期が徐々にIリーグに絡んでいく中、私はC2から抜け出すことが出来ずに、終わってみれば2年時もIリーグのメンバーにすら入ることが出来ませんでした。
そんな中、2年の終わりに私にとって転機となるグラマネミーティング(選手からグラウンドマネージャーを選出する為のミーティング)が始まりました。最終的に私と高校時代からの親友である立松がグラマネになることになりました。グラマネの大変さは立松が存分に語ってくれたので私からは特に話すことはありません。
その後はBチームのグラマネとして、特に同期の比留間、小村、米井、近内と共にIリーグを戦い抜き、優勝は出来なかったものの最高の成績を残すことが出来ました。そして今年から、私はトップチームのグラマネとして裏方ながら最前線で戦わさせてもらっています。それも関東リーグで優勝争いをしているチームのです。

最近山鹿もとうとうIリーグに出場しました。同期で唯一Iリーグに出場したこともなく、サッカーが上手くいっていたわけでもなく、結果を残せていなかった私ですが、それでも今年からトップチームという素晴らしい環境でグラマネを務められているのは間違いなく、先程述べたような、1年時の苛酷な日々、リサーチ、学年ミーティング、グラマネなど様々な貴重な経験の積み重ねと、その中での本当に多くの周りの支えがあったからだと思います。そして下手くそながらももがいてた私を認めてくれた同期がいたからだと思います。
1、2年時サッカーを辞めたほうが良いと言われた中でも努力し続けられたのは、同じように必死にもがく同期がいたからです。リサーチの仕事をやることが出来たのも同期のトップチームの選手の存在、そして織井と米井という本当に熱い二人が側にいたからです。グラマネになったばかりで戸惑っていた私がBチームでIリーグに熱中できたのも、特に先程の4人が必死に優勝を目指してくれたから、さらに同じ苦しさを経験しているグラマネの立松がいたからです。不安を抱えながらもトップチームのグラマネを務めることが出来たのは、温かく迎えてくれたトップのメンバーがいたからです。今この4年間を振り返ると本当に周りの人達に恵まれたなと思います。

今までのサッカー人生で何か賞賛されるような、目に見える結果を残してきた訳ではないですが、それでもその全ての積み重ねが今の私の糧になっています。乗り越えてきた様々な困難や貴重な経験が自信になっています。今までしてきた努力は全く無駄ではなかったのかなと今は思います。
そして、間違いなくこれは一人では乗り越えらなかったことばかりです。本当に多くの人に感謝しています。ラスト1ヶ月半、関わってくださった全ての人への感謝を胸に私は最後までトップチームのグラマネを全うしたいと思います。また、今まで私が積み重ねてきた様々な経験を関東リーグ優勝という最高の結果として残したいと思います。

個人的な内容になってしまいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました。
次回のブログ担当はマネージャーの杉山理紗です。最近マネ部屋のジュースの減りが早いと怒っている理紗ですが、どんなブログを書いてくれるのでしょうか。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
11月7日(土) 第21節 vs流通経済大学 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

記事一覧

月別アーカイブ