オフィシャルブログ

成長の夏(本田完)

2015.08.14

本田
はじめまして。今回ブログを担当する総合政策学部1年の本田完です。
慶應義塾体育会ソッカー部部員として活動を始めてから約5ヶ月が経ち、初めての夏を迎え、日々充実した生活を送ることが出来ています。

今回は、「成長の夏」というテーマで、私の浪人時代の経験を踏まえ、成長に必要なことを私なりに書いてみたいと思います。
まず、第一に必要なことは自分の弱点を知るということです。浪人時代で言えば、私は英語が全く出来ずそれが自分の最も弱い部分でした。そのため、英語の勉強時間を1日の中で一番多く費やしました。
サッカー面で言えば、私は走力が最も弱い部分です。走りのメニューでは仲間より遅れてしまうこともあり、自分の走力の低さに悔しさを感じます。しかし、私は目の前のことから逃げることだけは嫌です。どんなに走れなくても、倒れるまで食らいつきたい。そういう気持ちで日々取り組んでいるつもりです。浪人時代も同様でした。進路もなにもない状態で、とにかく勉強しなければなりませんでした。どんなに苦しくても勉強し続けた夏だったと記憶しています。成長するために日々努力し続けることをこれからも意識していきたいと思います。

もう一つ、成長に必要なことがあります。それは感謝の気持ちです。私は浪人時代の経験からそれを強く感じます。サッカーがしたくてもできない1年間があったからこそ、この感謝の気持ちを感じられていると思っています。監督、スタッフ、先輩、同期、そしてこれまでソッカー部に携わってきたすべての人のおかげで、今日も私はサッカーが出来ています。この気持ちを忘れないようにしたいです。
そして、なにより浪人時代、誰よりも支えになってくれた母親に感謝しています。母親がいなければ私の合格はなかったですし、慶應でサッカーをするという夢も叶っていません。これからも感謝の気持ちを持って日々生活していきたいと思います。
最後になりますが、ソッカー部として初めての夏をしっかりと過ごし、成長したいと考えています。

拙い文章ではありますが、最後まで読んでいただきありがとうございました。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
9月5日(土) vs順天堂大学 13:50kickoff @ゼットエーオリプリスタジアム

記事一覧

月別アーカイブ