オフィシャルブログ

夏!(前田啓介)

2015.08.12

前田
この度ブログを担当します商学部3年の前田啓介です。
慶應ソッカー部に入り、先輩、後輩、同期問わず色々な人々と出会うことができました。私は高校までユースチームに所属しており、サッカー選手になる為になにをするべきか、サッカー中心に生活をしていく環境で育ってきました。
大学に入るまで部活というものに触れたことがなく、ソッカー部入部当初はとても驚いたことを覚えています。部活では、特に本塾ソッカー部では、より人間形成、社会人になる上で必要な要素を数多く教えてもらっている気がします。
ソッカー部では今まで感じたことのない感性や考え方を持っている人が大勢居り、毎日部活に来るだけでとても多様な刺激を貰っています。そんな様々な感性や考え方を一つに融合出来るのがサッカーというスポーツの醍醐味だと思います。
瞬間瞬間で様々なアイディアがチームとして力を持つときゴールが生まれ、試合に勝利できるのです。その勝利の瞬間があるからこそ、きつい練習にも耐えて今までサッカーを続けてくることが出来ました。
私はサッカーという素晴らしいスポーツを通じて多くの仲間たちと繋がることが出来ました。今、その恩恵に気付き感銘を受けています。

また、私は周りの友人、先輩、後輩にとても恵まれてるとも感じています。お互いの間にリスペクトがあるからこそ成り立つ心地のよい関係です。
先輩である織井主務は人一倍責任感が強く私自身にとっても大きな影響となっております。今は社会人として活躍されおります小室さんには人間力を鍛えいかなる立場においても最善の行動を選択する選択力を学ばさせていただきました。

その他にも多様な先輩、後輩、また同期には色んなことを学んできました。
特に同期の代表として出た冨田副務、川原グラウンドマネージャー、上田学連、藤川トレーナーは毎日自らのこともこなしながらチーム全体のこと、チームに所属する個々人のことにまで気を配り、私自身負けそうな時にはいつも支えて貰っています。
川原グラウンドマネージャーは自らの労力を惜しむことなくコーチ業務に打ち込み、今は2チームのコーチとして活躍していますが、コーチをやる上で選手から多くのことを教えて貰っている。半学半教の精神を常に持っている。と常々言っています。同期ですが、彼の常に物事を探求する力、後輩に対してもリスペクトをもち関係を築くことは皆が学ばなければならないことでしょう。

前田ブログ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
(ドイツ遠征時の川原グラウンドマネージャーです・左)

私自身も人の支えになれるようにまずは自分自身のことについて考え抜き、精進していきたいと思っております。常に学ぶ意識をもち、人として成長することを目標に頑張りたいと思います。
リーグ戦があと少しで再開致します。ご声援の程よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第89回関東大学サッカーリーグ戦【後期】
9月5日(土) vs順天堂大学 13:50kickoff @ゼットエーオリプリスタジアム

記事一覧

月別アーカイブ