オフィシャルブログ

ソッカー部に入部して本当に良かった(久保飛翔)

2015.06.30

久保こんにちは。今年度、主将を務めています環境情報学部4年の久保飛翔と申します。

去年の年末、私は学年でのミーティングを通して主将を務めることが決まりました。主将を務めることになったことで私の中で今まで以上にチームを引っ張っていこうという強い覚悟を持つことが出来ました。しかしその反面、自分は主将としての役割をどれだけ全うすることが出来るのだろうかと不安に思うこともたくさんありました。正直、今年に入り私自身多くの怪我に悩まされ、そのような気持ちを溜めこんでしまうことは多々ありました。リーグ戦開幕前に捻挫し1カ月の離脱。やっと復帰できたと思った矢先、脳震盪による離脱。そして、現在は鼻骨骨折。主将として試合に出場し、チームの勝利に貢献しなければならないのに自分は何をやっているのだろうと何度も情けなく思いました。

しかし、先週末に行われたB、CチームのIリーグを観戦し、私自身このソッカー部に入部して、この部で主将を務めることが出来て本当に良かったと思い、今まで抱えていた悩みは全て吹き飛んでしまいました。それは、カテゴリー関係なく今の自分に置かれた立場で全力でサッカーに取り組み、チームのために魂のこもったプレーを見せる選手やカテゴリーの違う選手やIリーグのメンバーから外れてしまった選手が声を枯らして応援している姿を見て、私は本当に感動し多くの刺激をみんなから受け、このような素晴らしい仲間を持つことが出来て本当に良かったと思いました。

今年は「一丸」というスローガンを掲げ、活動を行ってきました。私の勝手な考えではありますが、私は全部員のことを「慶應Family」だと思っています。正直、この部で活動を行う中で、部員に対してイラつくことやなんでもっとこうしてくれないの?と不満に思うことは多々あります。しかし、そのように思ったとしてもソッカー部員は誰一人としてその相手を見捨てるようなことはしません。仲間だからこそ本音をぶつけ合うことが出来ますし、時にはそっと寄り添って相手の気持ちになって考えることが私たちには出来ます。また、これまでのシーズンを通して嬉しいことや悲しいことなど様々な感情を部員全員で共有し、活動してきたからこそ私たちには本当に強くて深い絆があると思います。

明日は、私にとって最後の早慶サッカー定期戦となります。今、思うことはただ一つです。みんなの力を一つにして早稲田に勝ちたい。勝ってみんなで馬鹿みたいに騒ぎたいです。明日、早稲田に勝利し、慶應の新しい歴史をみんなで作りたいと思います。ご声援の程、宜しくお願いします。

≪NEXT GAME≫
第66回早慶サッカー定期戦
7月1日(水) 19:00kickoff @等々力陸上競技場
★早慶戦HPはこちら

記事一覧

月別アーカイブ