オフィシャルブログ

人として(小比賀奨)

2015.02.27

小比賀
こんにちは。今回ブログを担当させていただきます、法学部政治学科新3年の小比賀奨と申します。普段おちゃらけてばかりいる私ですが、このような機会では毎回まともなことしか言えない小比賀です。
今回私は、大学生という社会に出る前の貴重な期間を体育会という組織に属す、その意味について考えたいと思います。

サッカーが好きだから。
サッカーがうまくなりたいから。

もちろん根底には誰しもが持っている感情です。しかし大学生活を体育会に捧げるには、このような理由だけでは、私は不十分であると思います。

監督はよく「サッカーを通じた人間教育」という言葉を口にします。この言葉は体育会生である限り、追求しなければならない言葉であると思います。
体育会にいると、アスリートとしてそこに費やす時間や体力は、自分の大学生活の大半を占めるといっても過言ではありません。
しかし、だからこそアスリートとして、人として、サッカーに対して真摯に向き合わない限り、そこから成長することはないのではないでしょうか。辛い走りの練習、自主的な筋トレ、スタッフを決めるミーティング。そのどれもが、ただ単に楽しいだけというものではありません。
でもそんな一つ一つの壁に正面から向き合い越えていかなければ、自分の成長はありません。だからこそ私たちは日々サッカーを通じて、自分が成長するために日々を捧げなければいけないのだと思います。

3月に入りシーズンインから約1ヶ月が経ちます。今年も個人的には苦戦が絶えないシーズンになりそうですが選手として、人として、チームに貢献できる存在になれるよう、日々精進して参りたいと思います。

写真は先日20歳の誕生日を迎えた山本哲平くんを囲んだ写真です。みんな嫌そうな顔している理由は、彼の人望があってこそのものだと思います。笑

話は逸れましたが関東リーグ開幕まで残り一ヶ月と少し。ソッカー部への厚い応援の程よろしくお願い致します。

小比賀ブログ

記事一覧

月別アーカイブ