オフィシャルブログ

終わりなき旅

2015.01.31

こんばんは。新3年、副務の冨田純です。

新シーズンまで残りわずかとなり、私自身は副務として、新3年として、より一層身を引き締めて行かなければならないと強く感じております。

新シーズンに向け新しい気持ちでサッカーに取り組んでいこうという意気込みと同時に、今でも、これまでの様々な昨年度の出来事が鮮明によみがえって来ます。

初めてリサーチとして臨み、「勝つ」ということの喜びを身をもって感じることができた、リーグ戦前期の明治大学戦。
インカレプレーオフ権をかけ初めて早稲田に勝ち、「早慶戦」の素晴らしさを知ることができた、リーグ戦後期最終節。
4年生の「引退」が決まった、インカレ阪南大学戦。

私にとっての昨シーズンは、「この部にかける想い」をつくった1年間でした。
2年生としてサッカーをしていく中で、副務候補として様々な形でチームに関わっていく中で、そして学年で毎日のようにミーティングをしていく中で、私はこの部への想いがより一層強くなりました。

これまでの先輩方が創り上げて来たこの部の上で、私たちは日々のソッカー部生活を送らせていただいています。
そこにはたくさんの大きな「壁」が用意されていました。息を切らしながら、命を削るような想いをしながら、私たちはその壁をどうにか乗り越え続けています。

振り返れば、もう後戻りはできないほど険しいもののように感じます。正しい道かどうかも、その先に何が待っているかも分かりません。
これからもそれぞれに様々な壁があると思います。それは今まで経験したことのないような、足がすくむような大きな壁かもしれません。

それでもその先にある何かのために走り続けることができるのは、私たちにたくさんの経験と勇気を下さる先輩方と、同じ志を持つかけがえのない仲間がいるからです。そしてなにより、どうしてもこの部活で夢を掴みたい「自分」がいるからです。

これまでに先輩方が残して下さったものを私は絶対に忘れません。喜んだことも悲しんだことも絶対に忘れません。
そして、私を支えてくれる仲間がいることを、いまのこの情熱を絶対に忘れません。
サッカーができる喜びを噛み締めながら、これからのソッカー部生活を送っていきたいと思います。

新シーズンを迎えるにあたって副務として、そしてプレーヤーとして、私にかかる責任は重大なものです。
親身になって仕事を教えてくれる織井主務や、マネージャーのためにも仕事にも、サッカーにも真剣に向き合い、「強い自分とチーム」を実現できるよう、日々精進して参りたいと思います。
まだまだ一人では何もできない私ですが、これからどんなことにも立ち向かい、挑戦していきたいと思います。

今シーズンもご支援、ご声援の程どうぞ宜しくお願い致します。

文責 冨田純

記事一覧

月別アーカイブ