オフィシャルブログ

迷いを捨てるとき(澤田泰佑)

2014.06.17

澤田初めまして、経済学部1年の澤田泰佑と申します。
日頃よりソッカー部にご支援またご声援を頂き誠にありがとうございます。
伝統ある慶應義塾体育会ソッカー部の一員になれたことを大変光栄に思います。
一日も早く皆様に認めていただけるよう努力いたしますのでどうぞよろしくお願いいたします。
今回は初めてのブログということで簡単に自己紹介をさせていただきたいと思います。
最後まで読んでいただけましたら幸いです。

私は、一貫校である慶應義塾中等部、慶應義塾高等学校の部活動でサッカーを続けてきました。
KEIO-ONEプロジェクトの下、高校時代には、全国制覇の強豪校が名を連ねる激戦区神奈川県予選で、インターハイ予選4位、全国出場は逃しましたが上位入賞しました。 しかし残念ながら選手権予選では結果を出せませんでした。
一貫校出身であり、希望すれば大学のソッカー部に入部させてもらえるという恵まれた環境であるにも関わらず、私は自分の進路について悩んでいました。
なぜなら、トップチームでプレーヤーとしてソッカー部の勝利に貢献するということが、正直言って難しいと思ったからです。
大学一を目指す我がソッカー部には全国から実力のある意識の高い選手が入部しており、知名度の高い選手も数多くいます。
全国的に実績のない私がソッカ―部に貢献できることがあるだろうか?と不安になりました。 努力してきたつもりでも結果がでなければ評価にはつながらず自分に自信が持てなかったのです。
そんな中グラウンドである方から、私が悩んでいるのを見透かしたかのように、『悩んでいたら、トップにはいけない』と声をかけられました。
私は目からうろこが落ちました。 色々考えても仕方がない、やらないと始まらない、迷いを捨てトップチームを目指そう、そう強く思いました。
そして有難いことに周りにも私の背中を押してくれる恩師や先輩、友人もいました。
その後、2月からの練習参加で、大学ソッカー部はそれまでの部活動とは違い学生主体の運営であるため、プレーヤーである以外にも裏方の大変な仕事がある事、ソッカー部OB、OGの方々、応援していただいている方々のご支援で成り立っている事を知りました。
プレーヤーとして活動しながらも、激務をこなす先輩方を見ていると自分がいかに甘えているかを思い知らされました。
そのような中、トッププレーヤー以外にもソッカー部に貢献できることがあるはずだと考え入部を決意しました。
まずは、プレーヤ―として自分の現在所属チームで結果を出し、全国一を必ず成し遂げ、皆様に応援したいと思っていただけるように精進いたします。
今後ともご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。

最後になりましたが、6年間応援として参加して参りました早慶戦、今回は初の運営側となります。
勝利を掴むため、部員一丸となり練習に励んでおります。 7月2日はぜひ早慶戦に熱いご声援をお願いいたします。

《NEXT GAME》
第19回東京都サッカートーナメント 学生系の部 準決勝 vs東京スポーツ・レクリエーション専門学校
6月18日(水) 17:50kickoff @慶應義塾大学グラウンド

記事一覧

月別アーカイブ