オフィシャルブログ

鹿島遠征2・3日目

2014.03.12

こんにちは。
鹿島遠征は本日で3日目を終了し、残すはあと1日となりました。

1日目のオフィシャルブログでもお伝えしたように、1日目の拓殖大学戦に勝利し、2日目の青山学院大学戦、日本大学戦でも白星を挙げグループリーグを全勝の1位で通過し、決勝トーナメントへと駒を進めました。
(各試合の詳細は試合速報ブログをご覧下さい。)

最初は漠然と目指していた優勝ですが、グループリーグを首位で通過したことにより、より優勝を目指したいという気持ちが高まり、ほどよい緊張感の中、良い雰囲気で本日3日目の試合に臨みました。

1試合目は準々決勝vs東京国際大学。前半に1点を奪われたものの、後半杉野健佑(新4年)のスーパーシュート、水野功太郎(新2年)のミドルシュート等により、3-1の逆転勝ちをすることができました。

IMG_3152
写真:GK三本松優(新4年)

IMG_3200
写真:ゴールへ向かう近内陽介(新3年)

2試合目は準決勝vs日本体育大学
参加者が20人に満たない中での連戦のため、1日に90分以上試合に出場する選手も沢山いるこの遠征。
選手はみんな疲労が溜まってはいましたが、絶対に勝利して明日の決勝へ進むべく「全員で勝とう!」という主将池永のかけ声と共に試合が始まりました。

IMG_3211
写真:準決勝のイレブン

開始13分に先制点を奪われ、その後もお互い一歩も譲らず試合が続き、最後まで全力で戦うも0-1で敗れてしまいました。

鹿島遠征3人
写真:左から小室・池永・横山彰輝(新4年)

本遠征主将池永和将(新4年)のコメント
「私たちはSCARYなDF、つまり黄色のユニフォームを相手に恐れられ二度と試合をしたくない、と思われるようなDFを目指しています。この遠征を通し、DFとして主将としてそのようなDFに少しは近づけたのではないかと思います。
個人としては、昨シーズンまでBチームにいた並木凌介(新4年)が今トップチームに上がり活躍していることには感化されています。自分は今はとりあえずBの主将の責任をしっかりと持てるよう頑張ります。」

本遠征副将小室絢人(新4年)のコメント
「この遠征には新1年生も参加していますが、彼らにOFF THE PITCHでの慶應らしさ、厳しさを教えることは出来たのではないかと思っています。連戦でみんな疲れもあると思いますが、全員で頑張ってくれていてとても嬉しいです。
鹿児島遠征で優勝した4年からも、特に保田隆介(新4年)などは個人的に応援メールをくれたりして、嬉しかったです。今後も新4年として、Bチームも部全体も引っ張って行けるよう、頑張ります。」

全員で全力で戦った結果の敗北だからこそ悔しく残念な想いではありますが、その悔しさも、こんなに「優勝」という結果にこだわり戦ってきたからこそであり、今シーズンの「結果にこだわる」という部の方針を部員全員で意識出来ている証なのではないかとも思います。

この「悔しさ」を関東リーグやIリーグ開幕前に感じることのできたという経験を今シーズンに活かし、シーズンの最後には悔しさの残らないよう、精一杯精進して参りたいです。

明日は鹿島遠征最後の試合、3位決定戦です。この合宿の締めくくり、絶対に勝利して下田へ帰りたいと思います。

残り1日、応援宜しくお願いします!

文責 大塚 安希

記事一覧

月別アーカイブ