オフィシャルブログ

後輩へ(日髙悠太郎)

2013.11.19

日髙こんにちは。都立駒場高校出身、総合政策学部4年の日高悠太郎と申します。

四年生ブログも終盤を迎え書くことがありません。そしてなによりこの後副将、主務、主将と続くにも関わらずこのタイミングでなぜ私なのかさっぱり理解できません。ワンクッション置いたのでしょうか?いずれにせよ完全にミスだと思います。
とはいっても仕方ないので、引退直前の今、可愛い後輩達に伝えたいことを書かせていただきます。

とにかく必死に、一生懸命になってください。
私の口からこういう言葉が出ることに驚いている人ばかりだと思いますが、本心です。

四年間たくさんのことを犠牲にして部活に打ち込んできました。辛い練習やミーティング、しかし、それらを乗り越えて、引退を迎えようとしている今私が感じているのは後悔です。

インカレ、アミノバイタルカップ、大臣杯、残留争いなど、そのすべてをピッチ外から見ているだけでした。
特に現在、同期や後輩が残留の為に必死に戦っている姿をただ見ていることしかできないこと、四年生として「自分が残留させてやる」ということを口にさえできないこと、また同期、特に主務天野、グラマネ田村、竹尾に対して約束したことを守れなかったことを本当に悔しく、申し訳なく思います。
そしてなによりそこに立つために必死にならなかった自分を情けなく思います。

「サッカーに懸けて打ち込んだほういい、後悔するから。こんなに必死になれる環境はないよ」と引退していく先輩方は毎年言われます。
私はこの言葉を本気で受け止めていなかったから、私自身も後輩たちに同じことしか伝えられないのだと今強く感じます。

だから後輩たちには本当に必死になってほしいです。
確かに応援や仕事も大事です。だけどそれでチームが勝って素直に喜んでいてはだめです。負けろって思うぐらいでいいと思います。
関東リーグのピッチで自分の力でチームを勝たせてください。
その為に今日から必死になってやってください。

来年一部の舞台でみんなのその姿を見るために、私自身もラスト一節できる限りのことをやり必ず残留したいと思います。
応援よろしくお願いします。
≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 最終節 vs流通経済大学
11月23日(土) 13:50kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

記事一覧

月別アーカイブ