オフィシャルブログ

自分らしさ(加藤慧太朗)

2013.10.31

加藤こんばんは。本日のブログ担当の法学部政治学科4年加藤慧太朗です。慶應義塾普通部から慶應に入り慶應義塾高校を経て今に至る、日吉10年目、下田7年目の内部生です。

僕にとって自分らしさとは何なのでしょう。ソッカー部員に加藤慧太朗と言って思い浮かべるのはおそらく筋トレだと思います。そうなんです、僕は筋肉バカなのです。ごつくなりすぎて毎年4月にはラグビー部の新入部員に先輩と間違えられ挨拶されるくらい筋肉バカです。

こんな筋肉バカの僕ですが筋トレを始めた理由は至って真面目です。大学ソッカー部に入部した当時のトップチームには、現在清水エスパルスで活躍中の河井陽介選手を筆頭にプロレベルの技術のある選手が多く、塾高出身の僕は技術では太刀打ち出来ないと思いより速く、より強くなってあの人達と同じ舞台に立ちたいと思ったからです。
それから今までかれこれ3年半筋トレ、ダッシュ、ジャンプなどのあらゆるトレーニング漬けの毎日を送ってきました。
そこで僕が行ったトレーニングの中でも特にオススメのベンチプレスを紹介します。
ベンチプレスとは専用の台に仰向けになりバーベルを持ち、胸のところまで降ろしてから上まで押し上げる事を繰り返すトレーニングです。このトレーニングは大胸筋という胸の筋肉が鍛えられ胸板が厚くなります。また、やり過ぎると芸人の「なかやまきんにくん」のように胸がピクピク動かせるようになります。

筋トレ紹介はこれくらいにして話を戻すと、そのようなトレーニングを続けた結果入部当初より体重は5キロ以上増え、足も大分速くなりました。このことがサッカーに100パーセント活かされてるかどうかは疑問が残りますが、日々の積み重ねは自分にとってとても大きな自信になっています。

このように僕にとっての自分らしさは体を鍛える事ですが、このソッカー部には他の素晴らしい自分らしさを持った人が沢山います。とにかくサッカーが上手い人、チームの事を考えチームをまとめる人、チームの雰囲気を盛りあげる人、裏方で仕事に徹する人など、様々です。チームの中で自分にしかできないこと、自分だから出来ることを見つけて突き詰めることはとても大切な事です。全部員が自分らしさ、自分だからこそ出来る事を見つけ全力で打ち込みそれらが結集すればとても大きな力になると思います。

後期最終節まであと1ヶ月を切っていますが全部員自分に出来る事を全力で取り組み、尚且つ一丸となり必ずや残留します。応援よろしくお願いします。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第19節 vs順天堂大学
11月2日(土) 13:50kickoff @フクダ電子アリーナ

記事一覧

月別アーカイブ