オフィシャルブログ

勝利を信じてやり抜くこと(鳥山翔平)

2013.10.26

鳥山
中々天候の落ちつかない日々が続いていますがいかがお過ごしでしょうか。関東リーグ最終節が近付くにつれて、そわそわと落ち着かない私の心を代弁しているかのようなこの天候に早く晴れろと願うばかりです。

こんにちは。申し遅れました。私、環境情報学部4年、鳥山翔平と申します。本日は私がブログの担当をさせていただきます。
簡単に自己紹介をさせていただきます。私は桐蔭学園中学校から桐蔭学園高校に進学しAO入試にて慶應義塾大学に入学し現在に至ります。高校時代にはインターハイに出場しましたが目標の日本一には届かず、冬の選手権でも県予選で敗退してしまいました。中学からの目標である日本一がどうしても諦めきれず、大学でもサッカーを続ける事を決意しました。
大学ソッカー生活を振り返ってみると苦しいこと9割5分、嬉しかったこと楽しかったこと5分といったところでしょうか。思い返すと辛かった思い出が多く蘇ってきます。そんなソッカー部で学んだことを書かせていただきます。私が今回書くのは、勝利を信じてやり抜くことの難しさです。

「試合に出る選手は出ていない人たちの想いを背負って、出ていない選手は自分の与えられた立場で勝利に繋がることを信じて精一杯取組んでください。」
この言葉は私が1年生の頃からよく耳にしてきた言葉です。試合に出る選手は、試合に出ることの出来ない選手からの応援や気持ちをパワーに変え、試合で120パーセントの力を発揮出来るかもしれません。しかし、試合に出ていない選手が、例えば、試合前日の練習試合で結果を出したからといって、本当に次の日のトップチームの試合の勝利に繋がるのか、疑問に思っている選手がいるかもしれません。もちろん、私もその一人でした。しかし、ミーティングを重ね、慶應ソッカー部のことを理解するにつれて、この、「勝利に繋がると信じて取組むこと」の大切さが分かってきました。

誰しもが目標を持ってこの部の門を叩いたと思います。「早慶戦に憧れた。」「プロになりたい。」「関東リーグに出て活躍したい。」等。このような自分の目標の為にサッカーを頑張ることは一番大切であり、この部にいる限り最低限の事だと思います。しかし、多くの人が理解していると思いますが、この部活はただサッカーをしていれば良い部活ではありません。学生主体を掲げ、多くの試合やイベントを学生の力だけで行っているため、自分の時間を削って運営や仕事に取り組んでくれる部員が多くいます。サッカーをやめてこの部活に貢献している人もいます。その中において、試合に出ていない、役職にも就いていない選手が出来ることは、どんな些細なことも勝利に繋がると信じて全力で行なうことだけであり、これを理解するまでは大分時間がかかりました。
チームに貢献しなければいけない。しかし何が貢献なのか分からない、本当に貢献出来ているのか。ミーティングを重ねた学年なら誰もが考える事だと思います。もちろん、自分の立場で何かを全力でやっても試合に負けることはあります。しかし、試合に出ていない選手に出来ることはそれくらいしか無いのです。これをやったからといって勝てるということは何一つありません。しかし、どんなに些細なことでもチームの為だと信じて全力で行い、そして、それを継続する。心の底から信じてこの行動するのはそう簡単ではありません。「自分が試合に出たい。」「なんであいつが出ていて俺が出ていないんだ。」こういった感情を持ってして心の底から勝利を信じて行動をするのは到底難しいです。しかし、それを可能にしたのは同期の存在、支えてくれる両親、そして慶應ソッカー部の伝統の重みを知った時でした。実際、勝利を信じて行なった行動が、本当に勝利に繋がった時の喜びは今までに味わった事の無いものでした。

ただ、忘れてはいけないのは役職に就いてない選手のこの部における最大の貢献は試合に出て活躍し、勝利に直接貢献する事です。今でも「試合に出る選手」になれなかった事を悔しく、申し訳無く思っている自分がいます。関東リーグ最終節まで一ヶ月を切りましたが「試合に出る選手」になることを最後まで諦めずに取り組んで行きたいと思います。

明日は今年最後の早慶戦が控えています。現在、リーグ戦後半戦、定期戦と二連敗を喫しています。残留のため、プライドのため、絶対に負けられない戦いが明日行なわれます。また、明日は集中応援日となっており、様々なイベントも行われる予定です。是非ともご労足いただき、勝利の塾歌を共に歌いましょう。
長くなってしまいましたが、ご精読ありがとうございました。
以上、失礼致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第18節 vs早稲田大学
10月27日(日) 13:50kickoff @味の素フィールド西が丘
☆集中応援日となっております!☆
両校チアによるハーフタイムショーや、フェイスペイントなど、様々な企画をご用意しておりますので、是非会場までお越しください!

記事一覧

月別アーカイブ