オフィシャルブログ

みんなで勝利の喜びを味わいたい(呉田幸子)

2013.10.25

こんにちは。
法学部政治学科4年、マネージャーの呉田幸子です。

何度もオフィシャルブログを書かせていただいておりますが、こうして、個人としてブログを書くのは初めてです。

文章を書くというのは大変難しいことで、今までのオフィシャルブログも、部として発信する文書も、部の窓口となる「マネージャー」としての私が書いたものでした。
部を代表するという意識、プレッシャーやしがらみが筆が進むのを邪魔することも少なくありませんでした。

女子部でのプレーを辞めてから3年間、女子大生とか慶應義塾生とかの肩書きの前に、ソッカー部のマネージャーとして生活してきたのだなと気付きます。選手と違って、決まった時間に集中すればいいのではなく、絶えず動く部やOB会などの流れに気を張っていなければならない仕事です。

私の、マネージャーとしての挑戦は、チームを勝たせることが出来る存在になることでした。ピッチに立つことは出来なくても、勝利に導けるような存在になりたいと思いました。

ソッカー部生活も終盤に差し掛かっておりますが、どうしたらチームの為になれるのか、未だに分かりません。私に何が出来るだろうか、と問う毎日です。
先日の試合では、10人の逆境の中泥まみれでもがく選手を見て、「あぁ、私はこの人たちに何が出来ただろうか」と自分の無力さを痛感しました。いくら努力しても最後に自ら成功を掴むことが出来ない、この立場に嫌気が差した時もありました。勝てない選手たちに苛立ちを覚え、忠誠心などない生意気なマネージャーの時もありました。

自分は未熟な人間です。そのことを痛感したのもソッカー部の生活においてでした。
それでも頑張っている人を心から応援出来る人間になりたい。そう奮起して、日々もがいてきたつもりです。

苦しみ悩む時があるからこそ、勝利の瞬間というのは、何にも代え難い最高の瞬間です。どんなことがあってもポジティブに、笑顔で、選手を信じる!それは一般的にも言われている理想のマネージャー像であり、分かってはいるものの大変難しいことでした。もしかしたらそれが、私がたどり着いた答えかもしれません。

ここまでやってくることが出来たのも、沢山の素晴らしい方々に出会うことが出来たからです。マネージャーの先輩も言っていましたが、こんなに周りの人に恵まれて感謝されることはないと思います。特に、上級生になった2年間、苦しいシーズンの中で、周りの応援のありがたみを一層感じました。

さて、早稲田大学も、その素晴らしい出逢いの一つです。
下級生の頃は早稲田に負けたことはありませんでした。しかし上級生になってからは、まるっきり勝てていない。いつからか、早稲田の部員の前で私は劣等感を抱くようになっていました。
早慶戦という存在を通して、早稲田の部員やOBの方と接する機会が沢山ありましたが、ライバルから学ぶこと、刺激を受けること、励まされることが多くあり、ライバルなしではここまでやってくることは出来ませんでした。

劣等感を抱いていた日々は大変苦しいものでした。でも今は違います。彼らには絶対に負けない“一丸”の力を私たちは持っています。それは胸を張って言うことが出来ます。
絶対に絶対に勝ちたいです!!

日曜日、西が丘では、沢山のイベントを企画しています。1つの試合の為に睡眠時間を削り、夢中になって準備することはもうこれが最後になると思うと少し寂しくもあります。

お天気も良さそうです。会場にて、待望の早慶戦勝利の瞬間を一緒に味わいましょう!
応援、宜しくお願いします。

IMG20131013-154846

10.27早慶戦

 

 

 

 

 

 

 

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第18節 vs早稲田大学
10月27日(日) 13:50kickoff @味の素フィールド西が丘
☆集中応援日となっております!☆
両校チアによるハーフタイムショーや、フェイスペイントなど、様々な企画をご用意しておりますので、是非会場までお越しください!

記事一覧

月別アーカイブ