オフィシャルブログ

僕とサッカーと学連(後藤拓也)

2013.10.22

後藤こんにちは。

本日は環境情報学部4年の後藤拓也がブログリレーを担当させていただきます。

 私は「学連幹事」という仕事を務めさせていただいています。少しだけ紹介させていただくと、学連というのは各チームから代表者が集まり、関東リーグの取り纏めを行なっています。皆様がよく手にするパンフレットの作製や、試合会場の手配から当日の運営は学連が行なっています。私は今迄サッカーだけをしてきた立場でありました。ですので、サッカーの試合を作るという立場があり、決して日の目には当たらない努力によって多くの試合が開催されている事を学連幹事となって初めて知りました。

 学連の仕事は最優先事項であり、自らのサッカーはその次となる事情があります。それは学連が慶應と関東リーグとの架け橋となる必要があるからです。学連が仲介役として機能しなければ関東リーグに参加できないといっても過言ではありません。だからこそ、私が初めて学連に入った時には、サッカー選手でありながらも優先は学連でなければならない生活に戸惑いを感じる事もありました。

 それでも私がサッカーで情熱を持ち続けられた大きな理由は先輩の諦めない姿勢を見てきたことだと思います。学連の先輩の中で私が関わった二人の先輩がいます。先輩は学連の仕事をしながらも常に上を目指し努力されていました。練習に出られない時期は自主練を行い、オフ返上で練習されていました。結果、学連の仕事をしながらもトップチームに関わる存在でした。そのような先輩を見てきたからこそ、私も先輩達のように仕事をしながらもサッカーを最後まで諦めない4年生でありたいと思えるようになりました。

 私も残りの日々で「残留」という形のあるものはもちろん、先輩から受け取った「諦めない姿勢」を少しでも多く下の学年に伝える事が出来たらと思います。私は先輩の「諦めない姿勢」から多くの事を学び、そのような先輩になりたいと思いサッカーをしてきました。ですが、下の世代に伝えるという事は非常に難しい事で、先輩方は偉大だったと日々痛感しております。それでもあと残り6節という短い時間に自分のサッカー人生の全てを詰め込んでぶつけていきたいと思います。

今週は筑波、早稲田と上位陣との対戦が控えております。ここでの一勝が必ず残留の大きな一歩になると思います。チーム一丸となって戦いますので応援よろしくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第10節(延期分) vs筑波大学
10月23日(水) 13:50kickoff @慶應義塾大学グラウンド

記事一覧

月別アーカイブ