オフィシャルブログ

メンタルの弱い人間だからこそ。(西沢知弥)

2013.10.17

西沢こんにちは。

今回ブログを担当することになりました商学部4年の西沢知弥です。

私の出身校は神奈川県立の川和高校という高校で、文武両道をモットーとし、のんびりとした公立高校です。

さて、私自身の話になりますがタイトルに書いてあるように、私は「メンタルが弱い人間」です。試合前のルーティンには人一倍こだわりがあり、その試合前の一連の流れが少しでも崩れてしまうと、試合のプレーにとても影響する気がします。

高校時代から人一倍メンタルが弱く、顧問の先生がとても怖かったのもあり、基礎練習やポゼッションのコートなど極力顧問の先生の目の届かない所でやっていることも多々ありました。試合では自身がサイドバックというベンチに一番近いポジションであったことから、前半は顧問の先生に怒られないことばかり考え、対戦相手より常に顧問の先生が気になっていました。
大学に進学してもメンタルの弱さを克服することは出来ず、トップチームの練習や試合に呼ばれチャンスを得ても周囲の強豪校やクラブチーム出身の人達に物怖じしてしまい、自分のプレーをする事が出来ず下のチームに戻ることの繰り返しでした。

そんな私ですが、大学二年生の時に大きな転機を迎える事になりました。主務やグラマネといった学生スタッフを選出する時期に「自分の為ではなく仲間の為に本気になる。」ということを心に誓いました。それからというもの、トップチームでプレーする際には「下手くそなりにチームの為になることはある。自分は下手なのだから誰よりもチームの為に汗をかけ。」と自身に言い聞かせ、前向きに自分のやっている事に自信を持てるようになったと思います。

今、自分のプレーに自信が持てなかったり周囲の選手の目を気にしてプレーしている選手が少なからずいるかもしれません。そんな時大切なことは、「誰かの為に頑張る。誰かの為に本気になる。」ということだと思います。この「人の為に本気になる。」ということは今後社会に出る私達において一番大切だと、ソッカー部生活の中でOBの方々とお話しさせていただいて教えていただきました。

こんなメンタルの弱い人間が言っても説得力がないと思いますが、私が後輩達に言い残したいことは、

チームの為になる事が自分にとって辛い結果になったとしても、きっといつか自分に返ってくると信じて毎日誰かの為に汗を掻いて欲しい、ということです。

残りのソッカー部生活、私もその姿を見せていきたいと思います。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第17節 vs専修大学
10月19日(土) 13:50kickoff @古河市立古河サッカー場

記事一覧

月別アーカイブ