オフィシャルブログ

SFCでの休み時間(川原一哉)

2013.09.19

川原皆様初めまして。今回のブログリレーを担当させていただきます。総合政策学部1年の川原一哉です。

夏の暑さは徐々に穏やかになり過ごしやすくなってきましたが、それと同時にリーグ戦後半戦という熱い戦いが幕を開けました。入部してまだ半年でまだまだ未熟な私ですが、少しずつ関東リーグで一勝を掴み取ることの難しさや意義を理解しつつあります。一勝を挙げる為の準備や過程が特に重要で、そこに「一丸」を生み出すことで勝利に繋がると信じています。個人として、少しでも勝利に近付く行動を意識していきたいです。

 

さて、今回私がご紹介させていただくのは、慶應義塾湘南藤沢キャンパス、通称SFCでの休み時間の過ごし方です。このキャンパスの素晴らしさや特徴、選手たちの意外な休み時間の使い方を詳しく紹介していきます。
湘南藤沢キャンパス(以下SFC)は、小田急線湘南台駅からバスで15分程のところにあります。自然豊かなキャンパスは四季の移り変わりが見事で美しく、私たちソッカー部員も日々癒されています。
1

 

SFCの授業風景は特徴的で、学生皆がパソコンを机に出して受講しています。ノートをとるのももちろんパソコンで行います。近代的なその授業風景はSFCの大きな特徴の一つです。

そんな授業の合間や空き時間にくつろぐことの出来る空間が充実していることもSFCの特徴で、その代表的なのが「鴨池(かもいけ)」です。
鴨池は文字通り鴨がいる池です。鴨池の周りには学生が自由にくつろげる芝生があり、SFCの学生は各々レポートを書いたり、本を読んだり、グループワークをしたり、昼寝をしたりと皆活用しています。いわば人気のスポットなのです。

 

 

 

 

 

 

2

 

 

私達ソッカー部員の1年生もよくここで休み時間を過ごします。昼寝をしたり、おやつを食べたり、のんびりくつろいだりして癒されています。(左から冨田、宮地、豊川)

 

 

 

 

 

3

 

 

 

 

 

天気がよくてみんなが集まったときには相撲なんかもこの鴨池でします。(投げている方が宮地、しりもちをついているのが加瀬澤)

 

 

 

 

4

 

 

(望月に勝利した井上)
一番強いのは、あのディズニー妖怪こと望月大知を倒した井上大か、筋肉モンスターこと宮地元貴とされています。いずれ決勝戦は行われます。

いつもここに集まって、ここで笑って、本当に楽しいです。ソッカー部では別のカテゴリーの1年生や先輩方と時間を共有できる大切な場所で、最高の休み時間を過ごしています。

 

 

 

 

 

次に、鴨池のすぐ隣にある「サブウェイ」も休み時間によく利用します。ここのサブウェイは外の景色をも味わうことのできるガラス張りの造りになっています。鴨池を眺めながらのえびアボカドは格別です。サブウェイではゆったりと鴨池を眺めながら過ごします。得サブ片手にみんなで談笑することもあります。とにかくのんびりしたいときはサブウェイです。

5写真は三回も取り直した冨田の朝食時の写真です。
サブウェイの似合わないごつい風貌ですがサブウェイでの写真がこのショットしかなかったので使用させていただきました。どうぞご理解下さい。申し訳ありません。

 

 

 

 
私達ソッカー部員にとってキャンパスでの休み時間は非常に貴重な時間です。体育会以外の仲間と触れ合う時間でもあり、先輩や同期との仲を深める時間でもあり、一人で落ち着き何かを憶う時間でもあります。
一見ソッカー部とは関係してないように思えるこの休み時間の過ごし方は、私達選手に大きな影響を及ぼしています。これからもキャンパスでは様々な立場の塾生と有意義な休み時間を過ごしていきたいと思います。

冒頭でも述べたように後期リーグが開幕しました。そして二連敗を受けて、私は今まで以上に自分の立ち位置と出番を意識してソッカー部の力になっていきたいと考えています。自分の出来る小さなことから変えていきます。
そして次のリーグ戦は必ず部員全員で勝利をもぎ取ります。リーグ戦後半戦三度目の正直です。どうぞ応援の程よろしくお願い致します。

≪NEXT GAME≫
関東リーグ戦 第13節 vs筑波大学
9月22日(土) 11:30kickoff @龍ヶ崎市陸上競技場たつのこフィールド

記事一覧

月別アーカイブ