オフィシャルブログ

第50回延世定期戦 結ばれた強い絆。

2013.08.25

こんばんは。

本日、延世遠征が終了致しました。

今日は一日、延世大学校サッカー部の部員たちが、各グループに別れて、韓国の町を案内してくれました。明洞(ミョンドン)、東大門(トンデムン)、新村(シンチョン)など、韓国の繁華街を回りました。昨日、敵として戦った仲間と、言葉が通じないにも関わらず、皆仲良くなり、笑顔が絶えませんでした。

DSC_0142

 

韓国と言えばサムギョプサル。

 

 

 

 

 

1377432256915

 

 

 

強い絆が出来ました。

 

 

 

 

3日間という短い期間でも、これだけの関係を築けたことは非常に大きな経験であったと思います。

今回の遠征を終え、どんなことを感じているのか2年の飯高にインタビューしました。
飯高颯生(2年)
「この度私たちは、23~25日にかけて韓国に滞在し、24日に延世大学校との定期戦を行ってきました。結果は、1-2と惜敗ではありましたが、大きな差を感じました。球際に対するスピード、迫力が特に印象に残っています。また、今回は50回記念大会であり、過去の延世と慶應の歴史について深く理解しました。この一戦は、私にとって多くのことを吸収できた試合となりました。その日の夜のレセプションや次の日の明洞の観光では、異国の仲間と大いに楽しむことが出来ました。決して言葉は通じないけれども、笑顔が溢れる環境にいることが出来て幸せでした。」
選手たちは、負けた悔しさと共に、貴重な経験も日本に持ち帰って来ました。
慶應義塾大学と延世大学校の関係は歴史あるものなんだと肌で感じました。

IMGP0081

 

 

 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

だからこそ、今回の敗北も歴史に残る一つであり、絶対に忘れてはいけません。

 

また、今回お世話になった延世大学校の方々、そして韓国まで足を運んでくださったOBの方々に本当に感謝しております。ありがとうございました。今回の恩を、延世大学校の方々には次回来日する際にお返しすることを約束します。そして、OBの方々には後半戦の結果でお返しすることを誓います。

開幕まで約1週間。今回の経験を活かしここから加速します。

今後ともよろしくお願い致します!

文責 鶴岡昇太朗

記事一覧

月別アーカイブ