オフィシャルブログ

早慶戦を終えて(森下翔馬)

2013.07.09

morishita今回、初めてということもあってまずは自己紹介からさせていただきたいと思います。

はじめまして、大阪桐蔭高校出身の1年森下翔馬といいます。
また、僕の誕生日は1994年10月29日なんですが、皆さんマライアキャリーの「恋人たちのクリスマス」という有名なクリスマスソングをご存知でしょうか。実は、このクリスマスソングの発売日が1994年10月29日なんですよ。僕の誕生日と一緒なんです。だから、僕はこのクリスマスソングがかかる度に「自分はめでたい男だな」と感じております。ただの勘違いですか。

さて、ここからは早慶戦を振り返りつつ今の心境を記していきたいと思います。自分は関西の出身ということもあって、早慶戦も今まで観たことがなかったので、今回、初めて早慶戦という伝統的な一戦を体感できたので良かったです。僕は早慶戦当日、駐車場警備という仕事を任されていてスタジアム外での仕事だったので試合観戦とスタジアム内の雰囲気を味わえたのは後半ラスト15分くらいの短い時間でしたが、最初、スタジアムに入った時に「これが早慶戦か」と感じるくらいJリーグなどにはない独特な雰囲気の中試合が行われていて、両校のプライドがすごく伝わってきました。また、自分も「早慶戦のピッチに立って慶應の勝利に貢献したい」と思いました。

そして、残念ながら今回の早慶戦は0-3という大敗をして、試合に負けた瞬間に早稲田が喜ぶ姿を観てすごく悔しく感じましたし、早慶戦に備えて寝る間を惜しんで準備してきたマネージャーをはじめとするスタッフの皆さんの努力が報われなかったことを考えると、より深く悔しく思いました。でも、今回のように素晴らしい早慶戦ができたのもたくさんの方々が支えて下さったおかげなので、しっかりと感謝していき次につなげていきたいです。そして、来年の早慶戦では必ず勝利という結果を残せるように、絶対に今回の悔しさを忘れずに今から感謝の気持ちを胸に日々精進して努力していきたいですし、自分も早慶戦に出てチームの勝利に貢献できるような選手へと成長していきたいです。

今後共、応援宜しくお願い致します。

記事一覧

月別アーカイブ