お知らせ

2020年度運営体制

2020年度 慶應義塾体育会ソッカー部活動方針

哲学

気品の泉源、智徳の模範…以って
全社会の先導者たらんことを欲するものなり

慶應義塾の一員たる者、『気品』と『智徳』を備えた社会の先導者でなければならない。

行動理念

「目指される組織」であり続ける。独立自尊。
ソッカー部員として、これを意識して行動する。

目標

インカレ出場。慶早戦勝利。そして、全国の舞台で衝撃を与える。

スローガン

「Deep Impact」

 

■創部

1927年(昭和2年)

■部員

4年:43名

3年:42名

2年:38名

1年:

計122名

2020年度 運営体制

■社会人スタッフ
部長 冨田 勝
総監督 八木 啓太
監督 淺海 友峰
コーチ 黄 大俊
コーチ 黄 大城
GKコーチ 髙橋  一真
ストライカーコーチ 長谷川 太郎
フットサル部監督 四戸 紀秀
コーチ 人見 秀司
アドバイザー 駒野 誠一
トレーナー 三浦 哲哉
チームドクター 宮内 諒
アスリートフードコーチ 堤内 杏奈
OBコーチ 塩木 康平
OBコーチ 福本 拓海
■学生スタッフ
主将 松岡 瑠夢 (4年)
副将 井上 大輔 (4年)
杉本 崇太朗(4年)
田原 智司 (4年)
主務 横田 亮平(4年)
副務 小山 彬 (3年)
グラウンドマネージャー 関 俊太朗 (4年)
多治見 駿吾 (4年)
イ ドンヒ (2年)
学連幹事 前田 悠太 (4年)
トレーナー 立石 修也 (4年)