お知らせ

関東大学フットサル選抜のご報告

2/14(木)、2/15(金)に大学フットサル選抜大会関西チャレンジカップが開催されました。
ソッカー部からは笠篤史、佐々木龍、小島陸、中畝楓流、柿沼亮祐の5名が関東選抜メンバーに選出され、またフットサル部門の四戸紀秀監督が関東選抜コーチとして大会に参加して参りました。

【結果】
vs東海選抜 9-1
vs九州選抜 5-3
vs滋賀県選抜 6-0
vs関西選抜 1-4

関東選抜チームは準優勝という結果となりました。

いろいろな大学の選手との組み合わせで良い科学反応が起きたり、勝負所では慶應セットで力を発揮したりと選抜チームらしい戦いをして参りました。笠は関東リーグ得点王としてチームの攻撃を引っ張り、佐々木は豊富な運動量で相手をかく乱致しました。小島は勝負所での値千金のゴールを奪いチームを盛り立てました。中畝はチームの守備をリードし、また後方からのロングシュートで攻撃にアクセントをつけ、柿沼は得意の左足から鋭いパスを通し攻撃を組み立てました。
5選手ともチームの主軸として準優勝に貢献致しました。

◆選手コメント◆
笠笠篤史(新4年・慶應義塾高)
昨年に続き、今年も関東選抜の一員として大会に出場する事が出来て純粋にとても嬉しかったです。ただ、今年も優勝する事は出来ませんでした。前線でプレーさせてもらっている以上、もっと得点力を上げて結果を残せる選手にならなければならないと強く思いました。日頃のトレーニングからどれだけこだわって取り組めているかが、結果に繋がると改めて痛感しました。
3月に控えたフットサル全国大会と4月から始まる関東大学サッカーリーグまで残された時間は僅かです。サッカーでもフットサルでも結果を残せる様、1日1日を無駄にせず頑張ります。
選抜活動で得た刺激をソッカー部にも還元出来る様、日々精進します。

 

佐々木2佐々木龍(新4年・FCトリプレッタユース)
2/14〜2/15にかけて関東選抜として関西学生チャレンジカップに参加しました。
関東選抜のチームメイトにも年代別日本代表選手、対戦相手にはFリーガーもいる最高峰の環境で自分の通用する部分と課題が大会を通じて明確になりました。
今回の経験を生かして、1人のサッカー兼フットサル選手として更に成長していきたいと思います。
来月末には地域大学チャンピオンズカップを控えています。必ず優勝して体育館に部歌を響かせたいと思います。
引き続き応援の程宜しくお願いします。

 

小島小島陸(新4年・國學院久我山高)
関東選抜として、関西学生チャレンジカップに参加させていただきました。2日間という短い期間でしたが、かけがえのない仲間と経験を得ることが出来ました。
普段は敵として闘う他大学のメンバーも、同じユニフォームを着て、喜びの瞬間を共にすることで、すぐに大好きになってしまいました。改めてスポーツの持つ力を感じています。
また、悔しさを感じた大会でもありました。チームメイトは皆レベルが高く、出場時間が少ない試合もあり、自分の不甲斐なさに苛立つこともありました。慶應から選抜チームには5人参加したのですが、その中でも出場時間は最も少なかったです。4人は仲間でもありますが、ライバルでもあります。この悔しさを忘れずに、普段の練習から切磋琢磨していきたいと思っています。
結果としては、決勝で関西選抜に敗退したのですが、この大会で学んだ技術や動き方を慶應にも還元し、来月に行われる名古屋での全国大会で、同志社大学、大阪成蹊大学にリベンジ出来る様に頑張ります。

 

中畝中畝楓流(新3年・桐蔭学園高)
今回の選抜の活動では、関東を代表して様々な地域の選抜チームと対戦することが出来、貴重な経験をすることが出来ました。特に、フットサルを専門とするチームの選手と共に戦ったことで新たな戦術やフットサルの深さを改めて知ることが出来ました。しかし、今大会の事実上の決勝戦であった関西選抜との試合では大敗を喫し、悔しさの残る大会ともなりました。今回敗北を喫した関西選抜の選手とはまた3月の名古屋で行われる全国大会でも再び戦う可能性が高いため、次は必ず勝利したいと思います。そして、今大会で関東大学フットサルリーグやソッカー部の関係者など多くの方々に資金面などを含め多大なる支援をしていただきました。本当にありがとうございました。今後共ソッカー部フットサル部門一同「全国優勝をして部歌を歌う」という目標を達成するため、精進して参りますのでこれからも変わらぬご支援ご声援の程、宜しくお願い致します。

 

柿沼柿沼亮祐(新3年・慶應義塾高)
今年1年間リーグ戦で敵として見ていた選手達が、仲間となり、多くの刺激をもらうことが出来ました。
久しぶりに選抜という全く知らない人達とプレーすることで、チームが何なのかということを再認識することが出来ました。一つの得点で喜び、一つの失点で悔しがり、勝利に歓喜し、敗北に悲哀することです。これは、互いが本気で意見を交換し、全員が戦い、仲間を信じるからこそ生まれるものだと感じました。このような人間関係の大切さも学ぶことが出来た遠征になりました。
この刺激・経験をフットサルだけでなくサッカーにも還元出来る様に頑張っていきたいと思います。
これからも応援宜しくお願い致します。

◆ギャラリー◆

左から、笠、柿沼、中畝、佐々木、小島

左から、笠、柿沼、中畝、佐々木、小島

関東大学選抜メンバー

関東大学選抜メンバー

試合前の様子

試合前の様子

試合前の様子

試合前の様子