お知らせ

渡辺夏彦 VfR Aalen 1921 e.V. 来季新加入内定のお知らせ

H30卒の渡辺夏彦が、VfR Aalen 1921 e.V.に来季新加入することが内定致しましたので、お知らせ致します。

渡辺夏

【渡辺コメント】

ブンデスリーガ3部のVfR Aalen(VfR Aalen 1921 e.V.)と契約しました。

1月頭からチームに合流してプレーはしていましたが、労働許可が降りた5節前からようやくメンバー入りできるようになりました。

僕がヨーロッパでプレーしたいと考え始めたのは、中学生の頃でした。中学卒業のタイミングでスペイン挑戦を考えましたが断念(すでに時遅しでした)。そして高校卒業のタイミングで、SFCに受からなかったらヨーロッパでプレーしようと考えながら、幸いにも合格。そして22歳のいま、ここドイツでプロキャリアをスタートさせることができました。

ドイツ3部リーグがブンデスリーガ(全国リーグ)になって以来、初の日本人選手だとのことです。そんな道に進めるのは全て、僕の周りにいる方々のおかげです。素晴らしく志の高い方々に囲まれています。そして、僕にはそんな方々と出会える運がありました。このご縁に、ただひたすら感謝するばかりです。

僕のサッカー選手としての夢は、プロになることでも、ヨーロッパでプレーすることでもありません。その遥か高いところにあります。僕が高いところに飛んでいくことが、その方々への恩返しになります。

そしていま、その第一歩を踏み出すことができたことも確かです。これから益々、面白いサッカー選手になれるよう、日々進化していきます。

 

HPはこちらをご覧下さい。