定期戦

第49回慶應・延世サッカー定期戦

2012/12/15(土) 14:00 KICK OFF @慶應義塾大学日吉陸上競技場

慶應義塾大学

延世大学校

2 2 前半 1 1
0 後半 0
得点者(アシスト者) 15分 慶大 磨見 朋樹(増田 湧介)
20分 延世大 ソン・スヨン
42分 慶大 加藤 慧太朗(武藤 嘉紀)
警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
峯 達也 1 GK GK 12 福本 晋也
長尾 賢太郎 3 DF DF 16 久保 飛翔
松下 純土 6 DF DF 24 西沢 知弥
保田 隆介 4 DF MF 14 川田 悠介
岩田 修平 2 DF MF 17 日髙 悠太郎
山内 浩道 15 MF MF 20 黄 将健
増田 湧介 5 MF FW 11 雨宮 嶺
磨見 朋樹 7 MF
山浦 新 8 MF
武藤 嘉紀 10 FW
加藤 慧太朗 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
75 山浦 新 黄 将健 90 加藤 慧太朗 雨宮 嶺
78 武藤 嘉紀 川田 悠介
85 長尾 賢太郎 西沢 知弥

戦評

4年生が引退し、松下主将のもと新チームで臨む最初の一戦、また、2012年を締めくくる大切な一戦、相手は韓国の強豪、延世大学校。
小雨が降り続ける中、本塾ボールでキックオフ。序盤、本塾は球の走るピッチを味方に付け、パスワークと奪われた直後のリアタックで試合の主導権を掴む。そして前半15分、磨見の弾丸ミドルが炸裂し、先制。完全に本塾ペースとなるように思われたが、20分、低い位置でボールを奪われ、ミスから失点。すぐさま同点に追いつかれる。しかし、本塾ペースに変わりは無い。25分に加藤、34分に増田、39分に武藤、41分に長尾がシュートを放つ。本塾のゴールの香りが漂う中、42分、武藤が相手陣内で高速プレスをかけボールを奪い、そのままシュート。それが加藤に当たり、角度が変わって待望の勝ち越しゴール。2-1で前半を折り返す。
後半、流れを変えようと延世大学校が前線の選手を交代するも、本塾のペースは変わらず、後半も本塾がゲームをコントロールする。53分、武藤のパスから決定的な場面が訪れるも増田が大きく枠を外し、このチャンスを活かせない。その後、60分には右サイドから加藤、63分には武藤、64分に保田、68分に再び武藤と再三シュートを放つがどれも得点とはならない。70分、左サイドで武藤、磨見の華麗なパス交換から最後は山浦と繋ぐが、これも枠を捉えられない。75分、ゴールが欲しい本塾はサイドアタッカー黄を山浦に代えて投入。追加点を狙う。同刻、山内の絶妙の縦パスから武藤、巧みなタッチで前を向き、シュートを放つが、相手GKの好セーブで防がれる。78分には武藤に代わって川田、85分には長尾に代わって西沢、90分には加藤に代わって雨宮を投入し追加点を狙い、再三チャンスの場面を作るも最後まで追加点を奪えず、2-1のまま試合終了。あと2、3点は奪いたかったところではあるが新チームの初戦、2012年本塾最後のゲームを勝利という結果で終えられたことは新チームにとって2013年を見据える上で大きな意味を持つ勝利となった。