関東リーグ

第96回関東大学サッカーリーグ戦【後期】最終節vs日本体育大学

2022/11/12(土) 11:00 KICK OFF @日本体育大学横浜・健志台キャンパスサッカー場

慶應義塾大学

日本体育大学

0
(勝点28→28)
0 前半 1 2
(勝点34→37)
0 後半 1
     
     
     
得点者(アシスト者)

18分 日体大 冨士田 康人(三浦 颯太)

85分 日体大 倉田 歩武(高田 淳平)

警告・退場

警告32分 日体大 三浦 颯太

警告69分 日体大 オボナヤ 朗充於

警告90分 慶大 菱川 天風

慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
根津 拓斗 21 GK   GK 12 村上 健
山本 献 7 DF DF 4 藤井 壮
牧野 晋作 5 DF DF 6 森 友紀
山口 紘生 2 DF DF 40 大下 崚太
川野 太壱 3 DF MF 14 田村 祐二朗
齊藤 滉 10 MF MF 36 熊谷 柊治
内藤 豪 20 MF MF 38 菱川 天風
角田 惠風 15 MF FW 18 廣田 尚
茅野 優希 29 MF FW 27 熊澤 維吹
柳瀬 文矢 37 FW      
立石 宗悟 30 FW      
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
HT 柳瀬 文矢 熊澤 維吹 76 内藤 豪 菱川 天風
69 齊藤 滉 田村 祐二朗 83 川野 太壱 大下 崚太
69 立石 宗悟 廣田 尚        

戦評

関東リーグ最終節、雲のない空の下で日本体育大学との試合は0ー2の敗北に終わった。

前半立ち上がり、互いに落ち着いた入りを見せゴールに迫るも、シュートまでは打てない状況が続く。試合の主導権争いが続く中、13分、日体大のクロスに合わせたCKを奪われピンチを迎えるが、本塾は落ち着いて処理する。18分、日体大の左SBからのロングボールにヘディングで合わせ先制点を奪われる。日体大の流れになりかける中、粘り強い守備で耐え忍ぶ。21分、日体大に持ち込まれシュートを打たれるが、ポスト右に外れる。本塾はサイドからの攻略を試みるも、パスが合わず、ゴールに迫ることができない。31分、MF齊藤(4年・FC町田ゼルビアユース/都立町田高)が倒され、FKを奪うも日体大GKのパンチングによりゴールを奪えない。40分、日体大に中央をパスワークで崩され、シュートを放たれるもDF山口(2年・國學院大學久我山高)のブロックで難を逃れる。このまま0ー1で前半を終える。

後半のキックオフに伴って、本塾はFW柳瀬(1年・駒澤大学高)に代わってFW熊澤(3年・國學院大學久我山高)を投入する。得点が必要な本塾は果敢に攻め、流れを掴む。良い形でシュートを何度も打つが、日体大の堅い守備に阻まれる。雰囲気を変えるべく、本塾は69分MF齊藤に代えてMF田村(4年・藤枝東高)を、FW立石(1年・桐蔭学園高)に代えてFW廣田(4年・暁星高)を投入する。引き続き、本塾は攻めるも日体大の堅い守備に守られる。76分、MF内藤(2年・駒澤大学高)に代えて、MF菱川(3年・桐蔭学園高)を投入する。83分、DF川野(4年・横浜FCユース/慶應義塾高)に代えてDF大下(1年・東京ヴェルディユース/慶應義塾高)を投入する。84分、右サイドを崩した日体大がゴールの左隅に突き刺し0ー2となる。何としてでも得点が必要な本塾は果敢に攻めるも、得点には結びつかず、そのまま0ー2で試合終了となった。

2部残留へどうしても勝利が必要だった本塾だが、0ー2で敗北となり、プレーオフへの参戦が決定した。2部残留に向け、プレーオフまで立ち止まらずに成長していきたい。

また、今節を前にしてソッカー部の発展に多大な貢献を遺してくださいました、小林忠生様がお亡くなりになりました。昭和28年にソッカー部をご卒業された後も、コーチ、監督として後輩の指導に尽くしてくださいました。ソッカー部部員一同心より深く感謝すると共に、ご逝去を謹んでお悔やみ申し上げます。

《注目選手》
熊澤維吹
ポジション: FW
出身校: 國學院大學久我山高
一言: 豊富な運動量と推進力で相手ゴールに迫るストライカー。前線でのボール運びは本塾の攻撃の鍵となる。
今後の活躍にも期待したい。