関東リーグ

第94回関東大学サッカーリーグ戦【後期】第21節vs専修大学

2020/12/12(土) 11:00 KICK OFF @非公開

慶應義塾大学

専修大学

0
(勝点23→23)
0 前半 1 1
(勝点14→17)
0 後半 0
得点者(アシスト者) 32分 専大 村上 千歩(鈴木 龍之介)
警告・退場 警告68分 慶大 内桶 峻
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
田原 智司 1 GK GK 21 稲川 琢馬
酒井 綜一郎 3 DF DF 22 東山 航大
小林 誉貴 32 DF DF 25 日川 優太
谷本 竜一 4 DF MF 5 田嶋 凜太郎
内桶 峻 11 MF MF 7 杉本 崇太朗
勝俣 昂亮 8 MF MF 15 中畝 楓流
木南 諒 33 MF MF 30 山本 献
橋本 健人 14 MF FW 9 古川 紘平
松岡 瑠夢 10 MF FW 18 飯塚 亮貴
松本 雄太 23 MF
宮本 稜大 19 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
HT 宮本 稜大 杉本 崇太朗 78 内桶 峻 山本 献
59 木南 諒 中畝 楓流 87 松岡 瑠夢 飯塚 亮貴
62 松本 雄太 古川 紘平

戦評

関東リーグ戦第21節、専修大学との試合は0-1で敗戦となった。

残留に向けて、本塾にとって非常に大事な試合となる今節。立ち上がりから試合が動く。前半開始4分、自陣のスローインからボールを受けたFW宮本(2年・國學院大學久我山高)が上手くターンをして前を向き、武器であるスピードを活かしてドリブルで2枚の敵を剥がしGKと1対1になったものの、シュートは惜しくもGKに弾かれ得点には至らない。その後、徐々に相手の攻撃に押し込まれる展開に変わっていく。32分、自陣左サイドでボールを失った後、逆サイドに変えられたボールを中に折り返され、中でフリーになっていた選手がダイレクトでゴールに流し込み先制点を許す。一瞬の隙を突かれ、2本のパスでゴールを奪われてしまう形となる。前半は0-1で終了する。
得点を奪いにいきたい本塾であったが、後半も相手に押し込まれる展開が続く。この流れを変えるべく、本塾はMF杉本(4年・名古屋グランパスU−18/南山国際高)、MF中畝(4年・桐蔭学園高)、FW古川(2年・学習院高等科)の3人を投入する。采配が功を奏し、徐々に試合の流れが本塾のペースになっていき、杉本が大きなチャンスを何度か作るがあと一歩のところでゴールには及ばず。その後もMF山本(1年・國學院大學久我山高)、FW飯塚(3年・慶應義塾高)を投入し、猛攻を仕掛けるものの、相手の守備に阻まれ0-1で試合は終了。1つのミスが試合の結果を左右すると痛感させられるゲームだった。

次節は駒澤大学とのリーグ最終戦。今シーズンの集大成を見せ、部員全員で何がなんでも1部残留を勝ち取りたい。

《注目選手紹介》
中畝楓流
ポジション:MF
出身校:桐蔭学園高
一言紹介: 物静かな日常とは裏腹にピッチでは熱いプレーを見せる男。得意の競り合いで相手にチャンスを作らせず、前線へのロングキックでチャンスを生み出す。正に慶應の攻守を支えるプレイヤー。彼の本気のプレーが慶應を勝利に導く。