関東リーグ

第94回関東大学サッカーリーグ戦【後期】第18節vs筑波大学

2020/11/21(土) 11:00 KICK OFF @流通経済大学龍ケ崎フィールド

慶應義塾大学

筑波大学

1
(勝点16→19)
0 前半 0 0
(勝点17→17)
1 後半 0
得点者(アシスト者) 70分 慶大 古川 紘平(内桶 峻)
警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
田原 智司 1 GK GK 21 稲川 琢馬
酒井 綜一郎 3 DF DF 22 東山 航大
小林 誉貴 32 DF MF 2 小山内 慎一郎
谷本 竜一 4 DF MF 5 田嶋 凜太郎
内桶 峻 11 MF MF 15 中畝 楓流
勝俣 昂亮 8 MF MF 30 山本 献
木南 諒 33 MF MF 39 小澤 星夜
橋本 健人 14 MF FW 9 古川 紘平
杉本 崇太朗 7 MF FW 19 宮本 稜大
松岡 瑠夢 10 MF
飯塚 亮貴 18 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
63 飯塚 亮貴 宮本 稜大
84 杉本 崇太朗 古川 紘平
90+5 松岡 瑠夢 中畝 楓流

戦評

関東リーグ戦第18節、流通経済大学龍ケ崎フィールドにて行われた筑波大学との一戦は本塾が1ー0で勝利した。後期開幕以降勝利がなかった本塾が、今節遂に勝利を掴んだ。

試合は立ち上がりから両チームボールを繋ぎながらゴールを目指す。11分、本塾守備陣のミスから相手にシュートを放たれる。しかし、ここは守護神 GK 田原(4年・静岡学園高)のシュートストップで難を逃れる。その後本塾はMF木南(4年・國學院大學久我山高)がボールを左右に展開し、チームの攻撃の起点となりチャンスを伺う。左サイドのMF橋本(3年・横浜FCユース/希望ヶ丘高)からクロスが上がるも、ゴール前で相手に防がれる。相手は後方からのビルドアップでゴール前に迫る場面もあるが、本塾の集中した守備で攻撃を止める。終盤には相手のボールを奪い、カウンターから左サイドをMF橋本とMF松岡(4年・FC東京U-18/慶應義塾高)が攻略しクロスを上げるがFW飯塚(3年・慶應義塾高)のヘディングはわずかに届かない。
拮抗した展開のまま両チームゴールを奪えず、0-0で前半を終える。

後半、相手のボール保持に対して本塾が積極的にプレスを掛けていく。すると53分、55分と立て続けにショートカウンターからMF杉本(4年・名古屋グランパスエイトU18/南山国際高)がシュートを放つもここは相手GKに止められる。その後も本塾がシュートを放つがゴールには至らない。本塾は63分、流れを変えるべくFW飯塚に代えてFW宮本(2年・國學院大學久我山高)を投入すると、宮本の背後を突くプレーで相手に脅威を与える。更に84分、MF杉本に代え、FW古川(2年・学習院高等科)を投入する。そしてこの交代が実る。86分、右サイドを突破したMF内桶(4年・國學院大學久我山高)から低いクロスが上がると、ニアサイドのFW宮本がボールをスルーし、最後はFW古川がゴールを決める。待望の先制点を本塾が奪った。試合終了間際の90+5分、足を痛めたMF松岡の代わりに、MF中畝(4年・桐蔭学園高)がピッチに向かう。その後、相手CKなどピンチの場面もあったが、チーム全員の体を張った守備で最後まで相手に得点を与えず、本塾が1ー0で勝利した。

今節の良い流れのまま、次節国士舘大学との一戦に臨み、連勝して勢いを掴みたい。

《注目選手紹介》
酒井綜一郎
ポジション:DF
出身校:慶應義塾高
一言紹介:昨年から慶應の最終ラインを支える熱き男。持ち前の対人能力の強さで相手のプレーを封じ、空中戦ではジャンプ力あるヘディングでボールを跳ね返す。彼の熱いプレーがチームを鼓舞し、慶應を勝利に導く。