関東リーグ

第94回関東大学サッカーリーグ戦【前期】第9節vs専修大学

2020/9/5(土) 17:30 KICK OFF @流通経済大学サッカー場

慶應義塾大学

専修大学

2
(勝点8→11)
1 前半 0 0
(勝点4→4)
1 後半 0
得点者(アシスト者) 21分 慶大 内桶 峻(橋本 健人)
69分 慶大 松岡 瑠夢(橋本 健人
警告・退場 警告60分 専大 鳥羽 隼
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
田原 智司 1 GK GK 21 稲川 琢馬
日川 優太 25 DF DF 22 東山 航大
酒井 綜一郎 3 DF MF 38 蛯名 亮太
谷本 竜一 33 DF MF 5 田嶋 凜太郎
中畝 楓流 15 MF MF 10 松岡 瑠夢
小山内 慎一郎 2 MF MF 23 山田 大敬
山本 献 30 MF MF 32 山田 敦久
橋本 健人 14 MF FW 13 立石 修也
田村 祐二朗 16 MF FW 18 飯塚 亮貴
内桶 峻 11 MF
古川 紘平 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
52 古川 紘平 立石 修也 83 内桶 峻 山田 敦久
65 田村 祐二朗 松岡 瑠夢 88 橋本 健人 飯塚 亮貴
83 山本 献 東山 航大

戦評

関東リーグ戦第9節、流通経済大学サッカー場にて行われた専修大学との一戦は2ー0で本塾が勝利を収めた。

直近3試合で2敗1分と悪い流れを断ち切りたい本塾は、試合序盤、相手がボールを保持し、自陣からのビルドアップを試みる中、本塾は積極的なプレスをかけていく。ゴール前でピンチの場面もあったが、本塾守備陣が相手の攻撃を止める。そして21分、本塾はサイドでの積極的なプレスからボールを奪うと、MF橋本(3年・横浜FCユース/希望ヶ丘高)がサイドを突破し、グラウンダーのクロスを上げ、最後は走り込んだMF内桶(4年・國學院大學久我山高)が足で合わせ先制点を奪う。その後は相手にサイドを崩されゴール前に迫られるも、集中した守備で跳ね返し、前半を1ー0で折り返す。

本塾は追加点を狙うべく、後半に臨む。52分FW古川(2年・学習院高等科)に代え、FW立石(4年・慶應義塾湘南藤沢高等部)を投入する。相手にボールを持たれ、守備に回る時間が長くなるが、DF酒井(3年・慶應義塾高)、DF谷本(3年・FCトリプレッタユース/広尾学園高)、DF日川(3年・高崎高)が体を張った守備で相手の攻撃を跳ね返す。本塾は65分MF田村(2年・藤枝東高)に代え、主将MF松岡(4年・FC東京U-18/慶應義塾高)を投入する。そしてこの采配が見事に的中する。69分、自陣のペナルティエリア付近で相手の攻撃のこぼれ球を拾った後、一気に相手ゴールに迫り、最後は松岡が左足で鋭いミドルシュートをゴールに突き刺す。得点後も、本塾は気持ちを切らすことなく、相手に決定機を与えない。83分、MF山本(1年・國學院大學久我山高)、MF内桶に代え、DF東山(4年・柏レイソルU-18/麗澤高)MF山田敦(4年・桐蔭学園高)を投入する。終盤、相手はロングボールやロングスローを多用し、攻撃の勢いを強めてくるが、本塾守護神GK田原(4年・静岡学園高)のセーブがチームを救う。88分にはMF橋本に代え、FW飯塚(3年・慶應義塾高)を投入する。守備の時間が長い試合展開となったが、チーム全員が声を掛け続け、高い集中力を保ち、最後まで走り切った本塾は無失点で2ー0で試合を終え、貴重な勝ち点3を獲得した。

今節の勝利の勢いを継続し、更なる勝利を掴み取る為、次節、流通経済大学龍ケ崎フィールドにて筑波大学との一戦に臨む。

《注目選手紹介》
内桶峻
ポジション:MF
出身校 :國學院大學久我山高
一言紹介:國學院大學久我山高が産んだドリブラー。独特なタッチと得意の走力でサイドを突破し、多くのチャンスを作り出す。彼のチャンスメイクとゴールが慶應を勝利に導く。今後も彼の独創的なプレーに期待したい。