その他

「アミノバイタル」カップ兼総理大臣杯関東予選 2回戦vs早稲田大学

2018/7/16(月・祝) 11:30 KICK OFF @時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド1

慶應義塾大学

早稲田大学

1 1 前半 2 2
0 後半 0
得点者(アシスト者) 12分 早大 冨田 康平
28分 早大 冨田 康平
42分 慶大 ピーダーセン 世穏
警告・退場 なし
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
上田 朝都 21 GK GK 1 藤川 誠人
井出 悠介 2 DF DF 7 佐藤 海徳
鴻巣 良真 3 DF DF 15 中島 玲央
篠原 新汰 22 DF DF 29 沼崎 和弥
岩崎 湧治 5 DF MF 8 小谷 春日
八田 和己 24 MF MF 14 江本 優貴
増田 皓夫 6 MF MF 17 落合 祥也
山田 盛央 13 MF MF 20 橋本 健人
多嶋田 雅司 11 MF FW 18 福本 拓海
松木 駿之介 10 MF
ピーダーセン 世穏 9 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
32 岩崎 湧治 中島 玲央 83 福本 拓海 沼崎 和弥
71 多嶋田 雅司 福本 拓海
83 井出 悠介 佐藤 海徳

戦評

「アミノバイタル」カップ2018 第7回関東大学サッカートーナメント大会《兼総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関東予選》2回戦。時之栖スポーツセンターうさぎ島1グラウンドにて行われた早稲田大学との一戦は、1-2で本塾の敗戦となった。

先日行われた早慶サッカー定期戦での雪辱を晴らすべく、本塾は立ち上がりから多嶋田(3年・國學院久我山高)を中心に相手の背後を狙っていく。一進一退の攻防が続く中、12分、28分と立て続けに左サイドからのクロスで失点。流れを変えようと、前半の内に中島(4年・柏レイソルU-18)を投入しサイドで起点を作り攻撃の糸口を見出そうとする。そして42分、中央の空いたスペースからピーダーセン(3年・FCトリプレッタ)が抜け出すと、相手GKとの1対1を冷静に流し込み前半を終える。

前半終了間際の得点で流れを掴んだ本塾は、後半に入っても猛攻を仕掛ける。中央の空いたスペースで受けた松木(4年・青森山田高)のドリブル突破や、サイドからのクロスにピーダーセンがヘディングで合わせ決定機を作るも決め切れない。その後も早稲田の堅い守備を前に突破口を見出せない本塾は、83分に佐藤(3年・桐光学園高)、沼崎(3年・暁星高)を投入しサイド攻撃に厚みを持たせるが、相手の守備を崩せないまま試合終了となる。

前半こそ相手に攻め込まれ決定機を作られたものの、後半に入ってからはゲームを支配し続け多くのチャンスを作っていただけに、悔しさの残る試合となった。

《注目選手紹介》
山田 盛央
ポジション: MF
出身校:藤枝東高
一言紹介:爆発的なスピードと強靭な身体を兼ね備えた慶應のブルドーザー。
研ぎ澄まされた得点感覚でチームを勝利へ導く。
盛央さん