関東リーグ

第90回関東大学サッカーリーグ戦【後期】 最終節vs桐蔭横浜大学

2016/11/12(土) 15:00KICK OFF @慶應義塾大学グラウンド

慶應義塾大学

桐蔭横浜大学

1
(勝点27→30)
1 前半 0 0
(勝点25→25)
0 後半 0
得点者(アシスト者) 23分 慶大 山本 哲平(手塚 朋克)
警告・退場 警告50分 桐蔭大 田中 憧
警告68分 桐蔭大 菅原 圭介
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
上田 朝都 21 GK GK 1 田野 稔明
溝渕 雄志 3 DF DF 27 佐藤 海徳
宮地 元貴 4 DF DF 37 李 元
豊川 功治 2 DF MF 8 加瀬澤 力
井上 大 6 DF MF 38 小比賀 奨
落合 祥也 17 MF FW 32 矢野 峻寛
片岡 立綺 16 MF FW 34 齋藤 勇太
手塚 朋克 11 MF
松木 駿之介 13 MF
渡辺 夏彦 7 FW
山本 哲平 10 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
88 渡辺 夏彦 矢野 峻寛
90+2 片岡 立綺 李 元
90+4 山本 哲平 齋藤 勇太

戦評

関東リーグ最終節、慶應義塾大学グラウンドにて行われた桐蔭横浜大学との一戦は1-0で本塾が勝利し、インカレ出場を決めた。
前半立ち上がり、本塾は桐蔭大に押される展開となり、3分には相手GKのロングフィード1本からシュートを放たれるがこれは枠外に逸れる。5分、山本が本塾初めてのシュートを放つが相手DFに当たり、威力を失う。10分、左に開いた山本が中に入れ松木、渡辺と繋いで最後は片岡がシュートを放つも、ミートせず枠外へ。その後は相手がボールを保持し、本塾はブロックを敷いてカウンターを狙う展開となる。20分には中盤でボールを拾った松木が果敢にドリブル突破を試みるが相手DFに阻まれる。そして23分、豊川の裏へのロングフィードを山本が収めて逆サイドの手塚へパス。手塚がフェイントからクロスを上げ、もう一度山本がボレーシュート。これが決まり本塾が待望の先制点を挙げる。直後には、手塚が相手のパスをカットしそのまま持ち込みシュートを放つが惜しくもバーの上に外れる。その後は中盤で落合、片岡の両ボランチがボールを落ち着いて処理し、徐々にボール保持する時間を増やす。39分には渡辺、手塚のパス交換から右に開いた手塚が相手を抜いてクロスを上げ、ニアで松木が合わせるが惜しくも外れる。続く41分、右から切れ込んだ相手のシュートを上田がファインセーブし、ピンチを凌ぐ。そしてこのまま前半終了。1-0の本塾リードで前半を折り返す。
後半開始直後、井上のCKを豊川がヘディングするがバーの上に外れる。50分、相手のファウルで得たFKで井上が精度の高いボールを放り込むと、中で豊川がヘディングシュートを打つが枠を捉えきれない。56分にはロングボールがDFの頭を超えて、上田との1対1とされてしまうが、溝渕と宮地の身体を張った守備によりゴールを死守する。続く62分、相手のクロスからボレーで折り返され、ネットを揺らされるが、オフサイドの判定により相手のゴールは認められない。その後、両者蹴り合う展開となり一進一退の攻防が続く。また、徐々に球際の強さも増していき激しい試合となる。82分、井上の右サイドからのFKは、惜しくも相手GKに弾き出されてしまう。88分、本塾は渡辺に代え矢野を投入する。続く89分、上田がハイボールを身体を投げ出してセービングし、気迫のあるプレーを見せる。アディショナルタイムには、片岡に代え李、山本に代え齋藤が入る。終盤の桐蔭大のパワープレーをチーム全体で必死に耐え、無失点で試合終了。前半の1点を守り切り、見事勝ち点3を手にした。この結果により本塾は1部リーグ6位となり、関東第6代表としてインカレの出場権を獲得した。