関東リーグ

第90回関東大学サッカーリーグ戦【前期】 第3節vs法政大学

2016/4/16(土) 14:00KICK OFF @江戸川区陸上競技場

慶應義塾大学

法政大学

1
(勝点0→3)
1 前半 0 0
(勝点3→3)
0 後半 0
得点者(アシスト者) 2分 慶大 加瀬澤 力(増田 皓夫)
警告・退場 警告68分 慶大 増田 皓夫
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
上田 朝都 31 GK GK 21 藤川 誠人
溝渕 雄志 3 DF DF 15 森下 翔馬
宮地 元貴 4 DF DF 25 鴻巣 良真
望月 大知 5 DF MF 7 渡辺 夏彦
井上 大 6 DF MF 14 小谷 春日
豊川 功治 2 MF MF 16 片岡 立綺
加瀬澤 力 8 MF FW 18 矢野 峻寛
増田 皓夫 20 MF
手塚 朋克 11 MF
松木 駿之介 13 MF
山本 哲平 10 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
85 山本 哲平 矢野 峻寛
90+3 手塚 朋克 鴻巣 良真

戦評

関東リーグ戦第3節、江戸川区陸上競技場で行われた法政大学との一戦。開幕戦から2連敗し、未だ勝ち点がない本塾は何としても勝ち点が欲しい状況で前半1−0、後半0−0、計1−0で勝利を収めた。
前半開始から2分、本塾はいきなり先制点を挙げる。右サイドで加瀬澤が溜めて時間を作り、中にいた増田にパスを供給。増田がこれをワンタッチで右サイドのスペースに運び、再び加瀬澤に折り返すと、加瀬澤がダイレクトで綺麗に合わせ素晴らしいシュートを決める。10分には法大のCKをニアで合わせられあわや失点かと思われたが、上田のファインセーブでこれを阻止。13分、先制点を挙げ勢いにのる加瀬澤から絶妙なアウトサイドのスルーパスが山本に繋がり、山本がゴール前で巧みに相手DFを交わしシュートを打つもクロスバーを大きく超えてしまう。立て続けに15分、中央やや左の位置を松木が単独突破しシュートまでいくがこれはGKのセーブにあう。追加点とはならないものの、明らかに波にのる本塾は、しっかり引いて守りつつも法大の守備の隙をついて2点目を狙いにいく。しかし、なかなか追加点は決まらず試合は膠着状態になる。36分、法大のカウンターからピンチを迎えるが、シュートは枠を外れ難を逃れた。その後も何度かピンチを迎えるが、集中した本塾の守備で失点を許さず前半を1−0のリードで折り返す。
49分、法大ゴールまで約30mの位置でFKを得るとこれを加瀬澤が狙いにいく。しかし、力強いシュートは枠を捉えたものの、相手GKのファインセーブにより得点とはならなかった。本塾は、時間の経過とともに徐々に良い流れを掴み、守備では上田が安定したセーブを見せ、中盤の豊川、増田、加瀬澤のボール奪取が冴える。また、サイドハーフの手塚、松木も献身的な守備でチームを支える。61分、ゴール左斜め45度からの山本の弾丸シュートはGKに弾かれるが、前節と比較してシュートを積極的に放つ。68分、遅れて法大ボールホルダーにタックルした増田に警告が出る。69分、ペナルティエリア内でパスを受けた増田が股抜きパスでゴール前にいた松木に繋げる。これにより絶好のチャンスを迎えた松木だったがシュートはGKに阻まれる。チャンスを迎えた後はピンチが続き、後半は一進一退の攻防が続く。84分、前線からの献身的なプレッシングにより疲弊した山本に代え矢野を投入し、フレッシュさを取り戻す。93分、手塚に代え鴻巣を投入。鴻巣は関東リーグデビューを果たす。ロスタイムの3分間、本塾は相手の猛攻を集中した守りで凌ぎ切り試合終了。見事勝ち点3を手にした。連敗を2でストップさせ勝利を掴んだ本塾は次節、桐蔭横浜大学戦に臨む。