関東リーグ

第85回関東大学サッカーリーグ戦【前半戦】 第7節vs国士舘大学

2011/6/11(土) 13:50 KICK OFF @国立西が丘サッカー場

慶應義塾大学

国士舘大学

2
(勝点10→13)
2 前半 0 1
(勝点3→3)
0 後半 1
     
     
     
得点者(アシスト者) 12分 慶大 武藤 嘉紀(山浦 新)
31分 慶大 武藤 嘉紀
78分 国士大 服部 康平(瀬川 和樹)
警告・退場 警告23分 慶大 増田 湧介
警告67分 国士大 奥田 秀吉
警告81分 国士大 佐藤 優平
警告90分 国士大 奥田 秀吉
退場90分 国士大 奥田 秀吉
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
中川 翔太 1 GK   GK 31 増川 翔太
黄 大城 3 DF DF 14 赤木 努
松岡 淳 15 DF DF 35 長尾 賢太郎
笠松 亮太 5 DF DF 36 保田 隆介
香川 佑介 17 DF MF 19 森田 達見
増田 湧介 33 MF MF 20 岩田 修平
松下 純土 16 MF FW 38 松田 健佑
日高 慶太 7 MF      
河井 陽介 10 MF      
山浦 新 37 MF      
武藤 嘉紀 34 FW      
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
 65 山浦 新 森田 達見      
90+3 武藤 嘉紀 松田 健佑      
           

戦評

前節の激戦を制し、このまま流れに乗って連勝を果たしたい本塾は、国立西が丘サッカー場にて国士舘大学と対戦した。前半は手堅い守備からうまく攻撃につないだ本塾が2点のリードを奪い折り返し、後半は国士舘の勢いを前に1点を奪われたものの、積極的な攻撃の姿勢を見せた本塾が1点のリードを守り抜き勝利をものにした。
前半の立ち上がり国士大の10番が左サイドを崩しクロスを上げるも、ディフェンスラインの体を張った守備によりピンチを切り抜けると、8分には日高慶とのワンツーから抜け出した山浦新のクロスに武藤がうまく合わせ先制点を奪う。このゴールで勢いに乗った本塾は15分に武藤、17分に河井とシュートを放つも決めきれず。先制された国士大は24分流れを変えるべく早い時間での選手交代を決断し、29分にはサイドを崩しシュートチャンスを演出するも増田の懸命のシュートブロックによりピンチを切り抜ける。すると30分に山浦新の前線への激しいプレスによりボールを奪い、駆け上がった武藤に預け、持ち前のスピードで相手をかわし、シュートを放つとボールは相手の選手に当たりつつもゴールに転がり込んだ。武藤の本日2点目で本塾は貴重な追加点を奪った。勢いの止まらない本塾は35分、45分と決定的な場面を作り出すも相手GKの好セーブに阻まれ、2-0のまま前半を終えた。
前半を支配していた本塾は後半開始早々、日高慶の変化のつけたCKから松下がヘディングを放つも惜しくもゴールならず。なかなかチャンスをものに出来ない本塾を前に、国士大は猛攻を仕掛ける。52分、国士大10番がディフェンスラインの裏へ抜け出し決定的なチャンスをつくるもクロスバーに嫌われゴールならず。56分にもディフェンスラインでのパスを奪われ、またも国士大10番が決定的なチャンスをつくるがシュートはゴール右に外れる。流れにのった国士大に押し込まれるも、本塾は集中したディフェンスを見せピンチを切り抜ける。後半から気が抜けない展開が続く本塾は、試合を決定付ける1点を狙うべく64分に山浦新に変えて森田を投入する。しかし77分に右サイドを崩されクロスを上げられると国士大22番にヘディングを許し失点を喫してしまう。失点直後に河井のスルーパスから裏へ抜け出した武藤が森田へパスを送るも、森田のシュートは惜しくもバーをかすり外れてしまう。あともう1点が遠い本塾を迎撃するべく87分には先ほどゴールを決めた国士大22番が右サイドから流れてきたクロスを強烈なシュートで合わせるもGK中川の好セーブに阻まれ、本塾はピンチを切り抜けた。本塾は後半ロスタイムに本日2得点の武藤に変え松田を投入し、1点を守り抜いた。試合は2-1で終了し、本塾は国士舘大学を下し連勝を果たした。