関東リーグ

第85回関東大学サッカーリーグ戦【後半戦】 第12節vs駒澤大学

2011/9/23(金・祝) 13:50 KICK OFF @江戸川区陸上競技場

慶應義塾大学

駒澤大学

0
(勝点17→18)
0 前半 0 0
(勝点12→13)
0 後半 0
得点者(アシスト者) なし
警告・退場 警告35分 駒大 砂川 太志
警告42分 慶大 松岡 淳
警告57分 慶大 河井 陽介
警告77分 駒大 碓井 鉄平
警告90+1分 慶大 笠松 亮太
慶應 先発 番号 ポジション 番号 慶應 SUB
中川 翔太 1 GK GK 31 峯 達也
黄 大城 3 DF DF 16 松下 純土
松岡 淳 4 DF DF 25 保田 隆介
笠松 亮太 5 DF MF 8 山浦 公裕
田中 奏一 2 DF MF 13 山浦 新
藤田 息吹 6 MF MF 19 森田 達見
増田 湧介 15 MF FW 9 大塚 尚毅
川久保 理 27 MF
日髙 慶太 7 MF
河井 陽介 10 MF
風間 荘志 11 FW
慶應 選手交代 OUT IN OUT IN
59 川久保 理 山浦 新
71 松岡 淳 保田 隆介
88 日髙 慶太 森田 達見

戦評

 リーグ戦再開以降2試合を1分1敗とまだ勝ち星のない本塾は後半戦開幕戦を駒澤大学と対戦した。試合は本塾が主導権を握り多くのチャンスを作るものの、決めきれずスコアレスドローで終えた。
 前半立ち上がりこそ両者拮抗した状態で試合が進むが、本塾は12分に日髙が最初のシュートを放つと、これは相手GKに防がれるが、このシュートをきっかけに流れを掴む。19分には日髙のFK、25分には河井、風間、黄、藤田と流れるようなパスワークで最後は川久保がシュートを放つなど駒澤大ゴールを脅かす。その後本塾はボールを支配はするもののなかなかチャンスを作ることが出来ないが、駒澤大のロングボール主体の攻撃を笠松、松岡両センターバック中心に落ち着いて対応し本塾ペースで前半を折り返す。
 先制点を目指す本塾は、後半開始早々日髙、さらにCKから河井のシュートなど、前半同様試合の流れを掴んだ本塾だったが、ゴールには一歩及ばない。均衡を破るべく59分には川久保に代え山浦新、71分には松岡に代え保田を投入する。するとさらに攻勢に出る本塾は73分河井のドリブル突破から最後は山浦新、今度は75分に河井自らシュートを放つが惜しくも得点には至らない。本塾は積極的な攻撃を見せチャンスを何度も作るも中々ゴールが奪えない展開が続くが、守備陣は前半同様高い集中力を保ち、駒澤大の攻撃を跳ね返す。88分には勝利に繋がる1点を狙うべく日髙に代えて森田を投入する。そして迎えたロスタイムに訪れた決定機では、その森田がペナルティーエリアで河井から受けたパスをダイレクトで合わせるも相手GKの好守に阻まれ惜しくも右に外れ、ここで試合終了。
 終始自分たちのペースで試合を進め最後まで諦めなかった本塾であったが、1点が遠く、結果0-0で終え、中断明け初勝利は次節以降への持ち越しとなった。